> 以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
by 7 at 21:03
> メモ帳
第11回千葉アクアカップ大会3位決定戦
     アトムズ           宇都宮ブルーインズ
    (5)  1     1P   2   (10)
    (7)  0     2P   2   (8)
    (12) 3     3P   0   (6)
        0    GWS   1
      (24) 4     TTL   5   (24
               
背番号C12、A65、A80、GK1、GK31、7、95、72、93、
91、5、8、14、15、16、44、57、89、20、37、41、71
試合経過については、千葉県アイスホッケー連盟ホームページ
にゲームシートがございますので、そちらもご覧ください。
1P
G80
ブルーインズ
ブルーインズ
2P
ブルーインズ
ブルーインズ
3P  
G20A44、8
G12、A44
G20
観戦記
屋久島で台風、という人生でなかなか経験できない経験
をされているであろう監督が不在の中、朝7時からという
公式戦ではなかなかない早朝の試合で、いつも通りの朝
に弱いアトムズがもろに出てしまい準決勝で敗退。
3位決定戦を栃木の強豪宇都宮ブルーインズさんと戦うこ
ととなりました。
日光交流戦では勝っていますが、アトムズと違って体の大
きい子たちの多いうらやましいチームです。どうすればこん
なに育つのでしょうか?
1ピリ
1セット目から4セット目までのメンバーが混合で出場する
全員出場モードでのぞみました。
しかし、やはりセットを混合にするとスピードなどプレーの
テンポが合わず、ブレークアウトもなかなかできず、個人
技に走る、という予想通りの展開になってしまいます。
80が抜け出して先制しますが、DZでのプレーが長くなり、
シフトも長めとなります。
そんな中、DZフェンス際で2対2となりますが、あっさり中か
らパックを奪われます。インサイドアウトの基本ができてい
ません。
そしてパックを奪われた後の動きも緩慢で、押し込まれて
同点にされます。
さらにDZでゴール前に出てきたパックへのDFの反応が遅
く、パックを踏んでしまって転び、ルーズパックを押し込ま
れてリードされてしまいます。
攻撃側はスロットにパックを集めますから、スロットにいれ
ばパックが出てくる可能性が高い、なのに準備できていな
い、というこれも基本を意識できていないことによる失点と
いえるかと思います。
2ピリ
2セット回しとして劣勢の挽回を図りますが、1ピリの流れを
戻すのは難しく、プレーがなかなか合いません。シフトも長
めになってしまいます。
失点もチェンジミスから。ウイングがチェンジしているのに、
センターがチェンジせず、フォアチェックも遅くなってしまい、
流されたパックのクリアミスから失点してしまいました。
さらにDZでセンターがなぜかサポートに入らず真ん中に浮
いたままとなり(おそらくカウンター狙い)、コーナーで2対0
を作られ、ウイングがフォアチェックにいき、相手DFへのパ
スラインに入れずにDFへパスを出されます。
DFがロングシュート、コーナーから上がってきたFWにDFが
マークに入らず、そのFWに押し込まれてとうとう3点差とな
ってしまいました。
しかし、1セット目のメンバーのプレーは2ピリ最後の方でか
なり合ってきて、ブレークアウトもスムースとなり、かなり形
ができてきました。

3ピリ
1セット目が開始早々よく動き攻め立てます。
8がコーナーからゴール前に出したパックを44がワンタッチ
して20がシュート、2点差とします。
2セット目の1シフト目が終了して再び1セット目、AZフェイス
オフ、フェイスオフを確保して44へ、44がDF12へ、12がロン
グシュート、すかさず44がリバウンドを押し込み1点差にし
ます。
勢いが続かせるためか、次のシフトから1セット目に8の代
わりに80が入ります。しかしなかなかかみあいません。
そんな中、20がセンターライン手前から一人で持ち込んで
ゴールを決め、とうとう同点に追いつきました。
しかし、その後約5分ありましたが、チェンジが遅れたプレ
イヤーがいて、1セット目がそろってプレーできたのは20秒
ほど。2ピリの反省を生かせることが出来ず、勢いを続かせ
ることが出来ませんでした。
GWS戦
大会要項では、サドンビクトリー方式の両チーム1名ずつの
タイブレーク・ショット・アウトとなっていましたが、なぜか3名
ずつとなります。
20、80、95の順番に打ちましたが、いずれも入らず、相手の
1人目に決められて終了しました。
多々反省点のある大会だったかと思いますが、前日の初戦
勝利で目的を達成してしまったかのような雰囲気があった
のが一番の問題かと。
とはいえ、翌日の3連休最終日に岡谷遠征を控えた低学年
兄弟のいるご家庭には、早く終ったのは何よりだったかもし
れません。。。
大会関係者の皆様、ありがとうございました。

[PR]
# by uranmo55 | 2017-09-21 12:52 | 高学年の記録 | Comments(0)
【高学年】第11回 千葉アクアカップ 初戦 VS 新横浜Jr
第11回千葉アクアカップ大会
2017/9/16
1回戦


【スコア】

   アトムズ         新横浜Jr
        1    1P    1  
        2    2P    0  
        2    3P    3 
        5    TTL    4



【得点】
1P  16
2P  20 
2P  16(A80)
3P  20(A44)
3P  44

【シュート数】
1P 8-6
2P 16-5
3P 10-11
TTL 34-22

【試合の流れ】
1P開始後4:23で新横浜Jrに先制点を決められましたが、焦ることなく速攻プレー。
7:46に16がゴールを決めました。GK31もきっちり抑えています。

2Pではまず20がゴールを決め、続いて16(A80)が決め試合は2-1のリードです。
速さも負けていません。相手のパスをよくカットし、試合を有利に展開しています。

3Pで2点返されますが、すぐに20(A44)が追加点。
少し疲れが見えてきました。
その後44が単独で1点決めました。
ラスト1分前新横浜Jrが1点追加するも5-4でゲームセット。
アトムズ、アクアカップの初戦は勝利を掴みました。
シュート数も多く、良いスタートです。

その後開会式に出て、明日に備えて鋭気を養います。
早朝からの試合、選手そしてサポートされている皆様1日目お疲れ様でした。







[PR]
# by uranmo55 | 2017-09-19 18:36 | 高学年の記録 | Comments(0)
8月29日西武WBとの混合紅白戦
西武との練習試合前回は25点差をつけられて大敗しましたが、今回は選手を各レベルに分けて混合して紅白戦の形式で行いました。
戦力拮抗と普段組まない相手とのコミュニケーションをとる練習の目的があります。
試合結果は
白      スコア    赤
0       1P      0    
0       2P      2
0       3P      1
0       4P      1
0     TOTAL     4

白      SOG    赤
8       1P     11    
11       2P     13
3       3P     10
8       4P      4
30     TOTAL    38

1P
2P 
26:20赤得点G西16A西22
34:22赤得点Gア15
3P
44:26赤得点Gア15
4P
66:41赤得点Gア14
アトムズ選手のセット割
第一セット 白FW20,44DF12 赤DF80
第二セット 白FW16,19DF95 赤FW8、14DF65
第三セット 白FW57、89DF7  赤FW71、DF91,93
第四セット 白FW28、55DF33、72赤FW15、25DF51


以下は筆者の独断と偏見の観戦記です。
今回は勝ち負けではないので、個々のプレーよりも全体的な感想にとどめたいと思います。
第一セット同士はアトムズからは赤チームにDF80白チームにFW20、44、DF12が入りました。スコアは1-0とほぼ互角。
白チームはほぼアトムズ第1セットなのですが、そこに西エース81が一人入っただけで、これほどまでに変わるのか⁉といったぐらい拮抗してました。
西81自身はよく知った仲間たちにAZ入ってから徹底的にマークされ、フリーでシュートを打たせてもらえず無得点でへこんでましたが、春季大会では第一セット同士で圧倒されていたので、
西81の入れ替え効果は大きかったと思います。
白チームのアトムズの選手で良くなった点といえば、西81にパスを集めてパックをAZに運ぶという点でセット全員の意思が統一されて、パスが良くつながっていた事。
DZ~NZでスピードに乗った西81にパスをつなぐパターンが出来てました。アトムズだけになった時もセット内でよく話し合って誰に運ばせて最後はだれが決めさせるのか?のパターンを作ってはいかがでしょうか?
春季大会ではバラバラにで、だれが運ぶのか、だれが決めるのかになってました。セット全員で協力して運ばせる!決めさせる!という意識が必要です。
夏合宿あたりからパスは回すようになってきましたが、まだまだ自分が持てなくなってからと言うパスが多く、もらった相手が楽に運べるようなタイミングの良いパス!とまではいってません。

第二、第三セット同士もほぼ互角、みなポジショニングや、何をすべきかは何となくわかってますが、個々バラバラに動いていて時々フォアチェックバックチェック、AZでのDマーク、DZでもゴール前のカバー等々さぼるシーンが見られます。
またDZでの攻め出しでウイングがブルーラインの彼方に浮いてパスをもらおうとしてDFが困っているシーンを多々見かけました。
これは第二、第三セットに限らずですが、アトムズの選手に時々見られる自分勝手な動きが得点に繋がらないだけでなく、失点の原因となっていることに気がつけるとよいのですが。

第四セットはまだまだクロスアイスの感覚から抜け出していないのか、フルサイズリンクでの試合のポジションごとの役割を理解できていない選手も多く、パックを全員で追いかけ回してしまい。狭いエリアに全員集まってしまう傾向にあります。
アトムズは人数も多く中々試合で覚えるには一人一人の滞氷時間が足りないと思います。NHL、アジアリーグ、大学リーグ等々アトムズ中学生の試合でも良いですから、
特に自分のポジションの選手がパックを持っていないときに、どこで何をしてるのかよく見て覚えることが重要だと思います。
何となく試合観戦してるだけでは、パックにないところの動きが全く見えませんから。これはどの球技でも同じだといえるでしょう。
[PR]
# by uranmo55 | 2017-08-31 16:31 | 高学年の記録 | Comments(0)
【低学年】ダイドードリンコカップ 第4戦 vs 神宮
ピリオドに 1 2 3 合計
アトムズ 1 0 0 1
神宮外苑 2 4 1 7

これまでの3試合で勝てていない選手たちは、最終試合での勝利を目指して気持ちを切り替えて、リンクに向かいました。
先制したのはアトムズ。3分過ぎに相手ゴール前の混戦から、キャプテンが一気にシュートを決めて流れを作ります。
その後も、相手ゴール前まで詰めよる機会は多くありましたが、相手の小柄なゴーリーのセーブに対して、なかなかゴールを決められず、結果は最初の1点のみとなりました。
シュート数で相手チームを上回るなど、負けた試合ではありましたが、前に出るゲームが出来ていました。
今回の試合での経験を生かし、今後のれんしゅうに励むことを誓った選手たちでした。
応援いただいた皆様、ありがとうございました。


[PR]
# by uranmo55 | 2017-08-26 18:13 | 低学年の記録 | Comments(0)
2017/8/19ダイドーカップ2日目(フリブレJr.アトムズ合同)
昨日は1勝(GWS)1敗とこれ以上負けられない状況の中、朝10時から3試合目の東大和との試合にのぞみました。東大和は選手数が増えた印象、ベンチ入り選手が20名です。2年生以下が多く非常に熱心との事ですので今後の躍進が想像されます。

第3試合 vs 東大和 6-5勝ち (2-1 / 1-3 / 2-1)
セットは昨日と同じ。昨日弟分のアトムズが負けている相手ですから、今日はお兄ちゃんたちが敵討ちするぞ!と絶対に負けれません。試合は昨日から一転、激しい点の取りあいになりました。試合開始45秒#41のゴールで幸先良いスタートを切りましたが相手のエース#4のミドルシュートで同点にされます。相手は#4と背の大きい#19の2枚看板でドンドン攻め上がってきます。しかしアトムズは#25の粘りのゴールで2-1とし1ピリはリードして終了、しかし全く油断できない雰囲気です。2ピリ、先に1点とって2点差として楽になりたいところでしたが、相手に2点立て続けに献上、逆点されてしまいます。がすぐさま#41が同点するも相手#4に2ピリ終了間際にノーマークを入れられて2ピリ終了時点で3-4で負けています。気合を入れなおしての3ピリ開始。先に入れたのは合同チーム。リバウンドの名手#77が入れ同点!と思いきや、#19に入れられ4-5。時間はドンドン過ぎていき、最後残り1分で第1セットに託します。残り30秒で#71が抜け出しノーマークをとりゴール!脅威の粘りで5-5の同点に追いつき、試合の行方は2試合連続の3名ずつのGWSに持ち込まれました。先行は合同、今日の1人目は#91です。キーパーを巻いてフォアハンドで肩口に突き刺す見事なゴール。その後東大和、合同共に外し2名ずつ終了した時点で1-0。合同3人目は昨日西武戦でGWSを決めた#93。前日のコピーと思うようなGK巻いてのバックハンドゴールを決め、合同チームは2勝目を手に入れました!!!

第4試合 vs 高田馬場アトムズ 6-1勝ち (1-0 / 3-1 / 2-0)
いよいよ最終戦です。最後の相手はアトムズ。いつもは一緒に応援している父兄が分かれて応援しているのに少し違和感を感じます。今大会3年生以下でのぞんでいるアトムズは年上相手に本当によく頑張っていますが、残念ながら2連敗中。しかし、この試合はいつも一緒に練習をしている去年までのチームメイトの4年生です。いっちょ勝ってやるぞ!と気合十分です。4年生はというと、先輩として負けれないぞ!というプレッシャーを微塵も感じさせる事無く、のんびり雑談しながら、おにぎりやバナナ食べています。リンク外では4年も3年も同じような背丈だと思っていましたが、防具着て試合をすると4年生は体格で勝ります。しかし最初のシフトで3年キャプテン#10のいきなりのカウンターノーマーク、GK31が落ち着いて止めますが、そこで4年のエンジンが掛りました。そのルーズパックを拾った#77が持ち上がり、ゴール右隅に先制点。流石3兄弟の長男は弟に厳しい。アトムズは2ピリに#11が物凄いパワーで持ち上がりスピードでDFを抜き去りゴール。これは4年生の誰もが止める事は出来ませんでしたが、結局#77が4点、#41が2点とり6-1で4年生が勝ちました。

最終結果
優勝:西武ホワイトベア勝ち点10、2位神宮9点、3位FBアトムズ合同7点、4位東大和4点、5位高田馬場アトムズ0点
今回の大会は残念ながら優勝する事は出来ませんでした。しかし、近年アトムズは人数が多く大会に2チームエントリーする事も多いのですが、いつものベストチームとBチームという出し方ではなく、4年生と3年生というチームを形成した事で、選手は多くのことを学んだと思います。主力のいなかった4年生は、この大会で試合に出ている自分達が頑張って試合に勝つという事を意識出来たし、その結果優勝した西武、東大和戦では共にGWSまでもつれましたが接戦を勝ち切れた経験は大きかったと思います。最後に写真1枚。初めて作った合同チーム。4試合を経てフリブレJrの選手ともとても仲良くなりました。これも良い経験でした。フリブレJrさん、大変有難うございました。
c0117689_10351064.jpg


















[PR]
# by uranmo55 | 2017-08-22 10:52 | 高学年の記録 | Comments(0)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧