> 以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
by 7 at 21:03
> メモ帳
<   2017年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
【中学生】江戸川カップ(決勝)vs. やまびこバスターズ
さあ、いよいよアトムズ史上初めての「江戸川カップ」制覇に向けて残すところ決勝戦のみとなりました。しかし、相手はこれまで何度となく高い壁として立ちはだかった強豪「やまびこバスターズ」さんです。アトムズにとってはまたとないチャンスを中学生はものにすることが出来るか、試合前から興奮した雰囲気がリンクを包みます。

■スコア
 (アトムズ)   (バスターズ)
1p  3          1     
2p  1          2
3p  2          1 
TTL 6          4

(Goal)
1:56 アトムズ G#8 A#19
2:08 アトムズ G#44 A#91
3:50 バスターズ G#11 A#9
12:54 アトムズ G#13 A#31
19:34 バスターズ G#11 A#9(+1)
23:44 バスターズ G#78
25:28 アトムズ G#13 A#19
37:01 アトムズ G#8 A#19
39:35 バスターズ G#9 A25
40:07 アトムズ G#13 A#19

(Pena)
8:46 アトムズ #31 TRIP
18:47 アトムズ #11 HOOK
30:43 アトムズ #31 INTRF
43:58 アトムズ #31 CROSS
(SOG)
(アトムズ) (バスターズ)
1p 10    9
2p  8    15
3p  7    17
TTL 25    41

■観戦記
(1p)
いよいよ泣いても笑っても最後の一番。序盤から足を動かし短い間隔でチェンジしていきます。そして、開始1分過ぎ#8が先制点をあげます。その後も1セット目、2セット目がそれぞれの役割を果たしながらゲームを進め、2分過ぎ、2セット目で#91がシュートしたところに#44が詰めて序盤に2点のリードを奪います。しかし、2点を奪取し少し気持ち的にも楽になったところで、すかさずバスターズの反撃の受け失点し、リードは1点差となります。しばらく膠着状態が続きますが、バスターズの出足もさすがのもので8分過ぎペナルティーによりキルプレーを迎えます。しかしここはしっかりと守り切りイーブンに戻りました。そして、残り3分を切ったとき、DF#31からキャプテン#13が見事にゴールを決め3-1で1pが終了しました。
(2p)
バスターズも作戦を変えながら攻め込んできます。開始3分過ぎ、アトムズはたまらずペナルティーをしてしまいます。本日2度目のキルプレー、ここで決められると1点差となり背筋が寒くなってくるところでなんとかしのぎ切ってもらいたいところでしたが、バスターズのパワープレーに屈し1点を献上してしまいます。一方、バスターズは押せ押せのムードとなり一気に畳みかけてきます。直後、バスターズに連続失点を許してしまい、いよいよ同点となってしまいます。これ以上、点数を与えることが出来ない状況となったアトムズは気持ちを切り替えて自分たちのホッケーに徹します。バスターズも同点に追いついた事で一瞬足が止まったそのすきをアトムズキャプテン#13が振り向きざまにゴールを決め、再びリードして2pが終了しました。
(3p)
勝敗を大きく左右する次の1点をどちらのチームが取るか緊迫した中で最後の3pが始まりました。残り15分、バスターズも残された時間は同じです。しかも、バスターズはビハインドの状況のため序盤から猛攻に打って出てきます。アトムズもリードしている状況でなんとか守りきりたいという気持ちでディフェンスをしますが、開始1分アトムズはペナルティを受けてしまいます。3pの序盤、ここで1点取られるとまたもや同点のピンチを迎えるためなんかと守り抜かなければなりません。しかし、今日のアトムズはここから非常に冷静でした。しっかりとパックを保持しながら上手くキルプレーを耐えます。さらにピンチが続き、ディフェンスのレシーブミスからノーマークの状況を作られてしまいますが、ここで守護神#32のファインセーブがさく裂しゴールを与えません。徐々に流れがアトムズに傾きつつある7分過ぎに膠着状態を破る値千金のゴールを2年生#8が決めてくれます。応援している親も少しは余裕が出てきた矢先、さすがのバスターズはまたもや反撃のゴールを決め、再び1点差となります。しかし優勝に向けて闘志をむき出しにして戦う今日のアトムズ戦士はこれまでと一味も二味も違いました。いつもなら流れに負けてしまうこの状況でも、今日はここですぐさま反撃に転じ、残り5分を切ったところで再び頼もしいキャプテン#13がゴールを決めてくれます。さあ、あと5分、しかし、ここからが時計の進みが非常に遅く感じられバスターズも反撃の手をゆるめません。両チームともタイムアウトを取りながら、残り1分半を切ったところでバスターズはGKを上げて6人攻撃を仕掛けてきます。アトムズも必死に猛攻を凌ぎ切ろうとしますが、残り1分、無情にもまたもやアトムズがペナルティをしてしまいます。どれだけ保護者をハラハラさせれば気が済むのでしょうか(笑)。完全に数的有利となったバスターズは最後の力を振り絞り猛攻を仕掛けて来ます。しかし、アトムズも最後は2人少ない状況の中冷静にしのぎ切って長かった残り1分が終わり試合終了のブザーが鳴ります。悲願達成の瞬間です。選手は全員GKのもとに集まり歓喜の円陣を組んでお互いを称えあいます。ようやく勝ち取った江戸川カップ。表彰式での選手の顔が一回りも二回りも成長しているように見えたのは私だけではなかったでしょう。おめでとうアトムズ中学生。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 23:09 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(準決勝)vs. 江戸川アーマーズ
大会二日目、本日は準決勝が行われます。対戦相手は都大会でも毎回好勝負を演じている「江戸川アーマーズ」さんとの一戦です。

■スコア
 (アトムズ)   (アーマーズ)
1p  1          0
2p  0          0
3p  3          0 
TTL 4          0

(Goal)
0:25  G#13 A#8
34:41  G#8 A#13
36:24  G#19 A#8
38:37  G#91

(Pena)
7:49  #31 HOLD
8:22 #11 SLASH
29:33 Arm #12 ROUGH
(SOG)
(アトムズ) (アーマーズ)
1p 7     9
2p 13     7
3p 8     10
TTL 28    26

■観戦記
(1p)
決勝進出に向けた大一番の一戦、都大会で対戦しているものの油断はできません。
開始早々、#8のアシストで#13が幸先よくゴールを決めます。しかしながら、その後追加点がなかなか奪えません。相手も手の内を知っているだけに一進一退の攻防が続きます。SOGもほぼ互角で1pが終了します。
(2p)
早く追加点を挙げたいところですが、アーマーズも次の1点の重みを十分知っておりなかなか優位に試合を運ぶことができません。1pに比べてシュートを放つも相手GKに阻まれます。しかし、徐々にフォアチェックにも行けるようになり、ニュートラルゾーンで相手の攻撃の芽を摘んでいきます。GK#32もリバウンドを出さないように細心の注意を払ってパックを扱います。どちらも最終的にゴールネットを揺らすことが出来ず2pが終了します。
(3p)
いよいよ、勝負をきめる最終ピリオドです。開始4分が経過したころ、相手チームにも疲れが見え始めてきます。そのすきを#13のアシストで#8が待望の追加点を挙げます。ここから一気に畳みかけ、6分過ぎにパックを奪ってそのまま#19が試合を非常に楽にする3点目を決めます。さらに、8分過ぎに第2セットの#91がノーアシストで試合を決定づける4点目を決めます。アーマーズも最後の力を振り絞って反撃をしてきますが、なんとか凌ぎきり試合終了となりました。

さあ、アトムズ史上初めての江戸川カップ制覇まであと1勝。相手はこれまで何度も跳ね返されてきた強豪「やまびこバスターズ」です。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 22:11 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(2回戦)vs. 明治神宮
1回戦を少人数で勝ち進んだAtomsは、その日の夕方に2回戦を迎えます。学校行事を終えて駆け付けた選手により少しは余裕が出てきました。

■スコア
 (Atoms)   (Jingu)
1p  7       0
2p  2       0
3p  2        1   
TTL 11       1

(Goal)
1:15  G#87 A#91
6:23  G#19 A#13
7:03  G#19 A#13
7:28  G#87 A#44 #91
13:15 G#19 A#8 #13
13:43 G#91
14:52 G#13 A#19
25:01 G#13 A#8
25:36 G#31 A#19 #13
33:52 G#13
37:54 Jingu G#17 A#26
41:17 G#31
(Pena)
7:59 Atoms #31 HOOK
17:00 Atoms #13 ELBOW
(SOG)
(Atoms) (Jingu)
1p 15 2
2p 13 5
3p 10 5
TTL 38 12

■観戦記
メンバーが増えたことで余裕をもって終始戦いを進めることが出来ました。しかしながら、終盤に疲れからか失点してしまう場面もあるなど、勝利したものの反省すべき点もありました。
明日は、今大会の天王山ともいうべき「江戸川アーマーズ」さんとの一戦です。

本日の反省を活かして、一気に優勝まで駆け上がってもらいたいと思います。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 21:49 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(1回戦)vs. TEAM CHIBA
今年の江戸川カップは5/20(土)~21日(日)の二日間で開催されました。毎年この時期は学校行事と重なり在京チームは初戦のメンバー構成に非常に苦労します。今年のアトムズも例に漏れずGK+プレイヤー6名のチェンジ無しで初戦を迎えることになりました。

■スコア
(Atoms)   (Chiba)
1p 1 0
2p 1 0
3p 0 1
TTL 2 1

(Goal)
4:45 Atoms G#87 A#31 #13
29:21 Atoms G#31 A#13
43:41 Chiba G#14 A# 9 #11
(Pena)
14:25 Chiba #9 INTRF
34:58 Atoms #11 HOOK
(SOG)
(Atoms) (Chiba)
1p 18 3
2p 21 1
3p 7 11
TTL 46 15

■観戦記
(1p)
少数精鋭での1回戦。チェンジが出来るのが1人のみということで選手は意を決して挑みます。
まず、1pの立ち上がりに先制をします。いつもとは違うセットでありながら良い時間帯に先制が出来たことは後々大きく影響してきます。その後も立て続けにチャンスが訪れるものの相手GKの好セーブに阻まれゴールを決めることが出来ません。徐々に体力を奪われながら1pが終了しました。
(2p)
なんとか体力をセーブしつつ2pに挑みますが、徐々に足が止まり始めてきます。それでも、チェンジする度に酸素吸入しながらチャンスを伺い、2p終了間際に喉から手が出るほど欲しかった追加点をあげ終了します。
(3p)
残り15分をこの7名で耐えきればひとまず夕方までは乗り切れる一心で力を振り絞り戦います。しかし、疲れからはペナルティーでキルプレーとなってしまいます。なんとかこのピンチを脱しますが、残り2分を切ったところで相手チームの反撃に耐えきれず1点を献上してしまいます。最後は気力だけで乗り切りなんとか初戦を突破しました。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-23 08:31 | 中学の記録 | Comments(0)
【高学年】第32回東京都春季少年大会第1戦vs 明治神宮外苑
5月3日春季大会 vs明治神宮外苑

ゴール
        1P   2P  3P  GWS  合計
アトムズ    0    3   0    1    4
神宮      0    3   0    0    3


シュート数
        1P  2P  3P  合計
アトムズ    3   9   11   24
神宮      4   8   10   22

<第1ピリオド>
新チーム最初の大会第一戦のためか動きが固く、足が動いていない状態で序盤は一進一退の展開。両チーム得点なく0-0で1ピリ終了。

<第2ピリオド>
開始早々失点し、嫌な空気が流れるも、1点返し同点に。しかし、すぐにスピードに乗られて失点し、その後も立て続けに失点。1対3とされるも、キャプテンが持ち込んでゴール。その後、20番も持ち込んでゴールを決め同点にして2ピリ終了。

<第3ピリオド>
途中パワープレイも得点できず。終了間際に怒涛の攻撃を見せるもこのピリオドはゴールならず両チームこのピリオド得点なく同点で終了。

<GWS>
20番がGWSを冷静に決める。GK31番が相手に決めさせず、GWS1-0で勝利!

大会初戦で苦労することが多いため、初戦の入りが今後も引き続き課題。ただ、苦労はしたものの勝利できたのは大きい。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-14 13:25 | 高学年の記録 | Comments(0)
春季都大会vs西武WB

            アトムズ           西武
               1    1P    3  
               1    2P    3  
               1    3P    3 
               3    TTL    9
都大会全勝対決首位決戦と行きたいところですが、事前の練習試合では第一・第二セット同士の試合半分で2-8と手も足も出ず完敗しておりどこまで食い下がれるのか!?
第一セット8・44・16・12・80第二セット19・20・37・12・95と少しセットを入れ替えてきました。
ディフェンシブなセンターとして豊富な運動量とガッツあふれるプレーで大活躍の16が相手のエース西81を徹底マークして、4年生ながらエースに成長中の20を西武の第二セット目にぶつけて得点する作戦です。
DFはキャプテン12を中心に80・95の3人回しでのぞみます。
先発GKは練習試合で西武に相性の良かった31です。
試合経過
1P
1:22  ペナルティアトムズ12ボーディング
2:20  西武G72A81、48(+1)
2:56  ペナルティ西武9 トリッピング
5:19  アトムズG20A19
7:31  ペナルティ西武81チャージング
10:20 ペナルティ西武22クロスチェッキング
10:53 西武G81(-1)
11:38 西武G72A48、81
2P
13:09 西武G72A81
13:41 アトムズG20
14:43 ペナルティ西武81エルボーイング
21:10 西武G22A81
21:38 西武G16A7
23:42 ペナルティ西武81エルボーイング
3P  
28:56 西武G81A72、22
33:12 西武G72A81
34:18 アトムズG20
35:10 西武G9A16

観戦記
1P
立ち上がりから西武第一セット(昨年度東京選抜が4人揃っていてかなり強力です)に押されてしまい右サイドからシュートを何本も打たれますがGK31のナイスセーブでしのぎます。
自陣DFからの攻めだし16が西22にチェックされている間に左WG8が拾って即座に超ロングの逆サイドへのダンプイン!4月から再三練習している作戦で逆のWGが一目散に走ります。
右WG44が疾走し西DF8を追い抜いてハイブリットアイシング!作戦成功です。
ペナルティキリングでも右WG44が西DF8をスピードでかわしてAZコーナーまでパックを運びます。
西81のスピードに乗ったカウンターもDF95がしっかりバックスケーティングでついていきシュートさせません。
スピードで西武に負けない立ち上がり、練習試合よりチームの成長を感じます。
キルプレー終了直前、長身の西DF48ロングシュートのリバウンドをしつこく叩かれてしまい失点しますが、GK31頑張ってます。
0-1となりますが、37の速いフォアチェックで西DF1からパックを奪取。19の突進で西9からトリッピングの反則をもらうなどアトムズの出足のよい積極的なプレーが目立ちます。
西武が2セット目を入れ替え2.5セット目になった瞬間に反撃です。37~20~37と右サイドを突破し、20がDF二人の隙間を抜き際にブロッカー肩口に同点ゴール!
その後も44~8で中央突破し8ナイスシュート!20の速いチェックからシュート!
16の徹底したマークにキレてしまった西81壁際で競り合って動けない8に向かって助走をつけてスティックを大きく振り上げ肘を向けてチャージします。
審判から遠くてチャージングのマイナーペナルティだけでしたが事前動作が大きく明らかに故意に相手選手を痛めつけようとするプレーに見えるので、一発ミスコンでも文句は言えないところでした。
同選手はこのあとも同じ様な故意のエルボーイングを2回繰り返しますが、私が観ただけでも神宮戦・江戸川戦でも同様なペナルティを自分より小さな下級生に向かってやっていたので、審判にも目をつけられてしまっているのだと思います。
東京都を代表する一番上手な選手なのですが、くれぐれもアトムズ下級生たちにはこういうラフプレーはマネしないで欲しいと思います。
対戦する相手がいてこそ自分達もアイスホッケーができるのです。アイスホッケーを同じく一生懸命やっている仲間として敬意を払うことを忘れないでほしいと思うシーンでした。
アトムズA80も昨年から毎試合のようにラッフィング、エルボーイング、チャージング等のペナルティが多く見られ、本人も毎回反省してたのですが、今大会は挑発を受けてもチームの為に頑張って自制してくれています。これも成長のあかしだと思います。
10分過ぎにDZゴール裏で20が西22にクロスチェッキングされパワープレー!度重なる西武の反則で逆転のチャンス到来です。
アトムズはパワー&キルのスペシャルセットに(44・20・16・12・80)を再三起用します。
しかし、アトムズスペシャルセットはフィジカルなプレーの連続で疲労がたまってしまって、パワープレーにも足が動きません。棒立ちのまま立て続けに失点してしまい。2点リードを許したまま1P終了。
2P
ピリオド間の休みでは回復出来ないアトムズ、足が止まりスティックだけで追いかけるシーンが目立ち始めます。DZからパックを出せず失点1-4.
比較的シフトの少ない第二セットはまだまだ元気20単独で抜け出し2-4!
44壁際抜け出しAZ突入、西DF8と西DF48のサンドイッチでつぶされるも、ルーズパックは8が快足飛ばして追いつきます。8から44へのセンタリング!まだまだ諦めていないアトムズ、かみ合わないものの反撃を試みます。
GK31と16が最後まで抵抗しますが連続失点し2-6で2P終了。
3P
7失点目を喫してしまったところで、GK1に交代、西武もアトムズも第三セット第四セットが登場します。
セットのミスマッチで2失点してしまいますが4年生たちが奮闘。西武の第三セットもスピードで20に全くついてこれずハットトリック達成です!

結果としては練習試合と似たような3-9という結果でしたが、内容はかなり差が縮まっているのでは??と思わせるものでした。
相手のエースがイライラしてペナルティを重ねるほど身体にチェック行けていた事。
得点には繋がらなかったものの練習通り攻め出しから逆サイドへのダンプイン&ハイブリッド等何回か成功。敵の第一セット相手にも壁際を抜け出してAZに攻め込むシーンも多々見られました。
足りない部分としては、①激しい試合内容の中でのスタミナ②パワープレーでの得点パターンの習得(今大会PP8回で成功率0%の上1失点、PKは8回で1失点。逆にショートハンドで4得点です)
③AZでのFWのコンビプレーでしょうか?パス&レシーブも含め、下級生も多くまだまだこれから伸びしろの大きいチームだと思います。
低学年時には夏の1-16を、冬には9-3でリベンジしたこの年代。きっと冬にはやってくれると思います。
[PR]
by uranmo55 | 2017-05-09 15:12 | 高学年の記録 | Comments(0)
【高学年】第32回東京都春季少年大会第2戦vs FBジュニア東京
5月5日春季大会 vsFBジュニア東京

ゴール
     1P  2P 3P 合計
アトムズ  5  4  1  10
FB    0  0  2  2


シュート数
     1P  2P 3P 合計
アトムズ 16  14 6  36
FB 0  1  6  7

第1ピリオド、序盤は攻めあぐねていたが、中盤から第1セット、第2セットともに得点を重ねた。

第2ピリオドからは点差も離れたため、4セット回し。各セットに分散された主力が得点を重ねた。

第3ピリオドは普段試合に出ていない3セット目以降の選手が頑張った。残念ながら第3ピリオドだけを見れば負けてしまった。

ゴールキーパーも2ピリ途中から交代し、しっかりとアトムズのゴールを死守した。
結果、10対2と快勝した。残すところあと2試合、快勝を期待したい。
[PR]
by uranmo55 | 2017-05-06 09:57 | 高学年の記録 | Comments(0)
【高学年】第32回東京都春季少年大会第2戦vs 東大和ジュニア
■平成29年5月4日(木.祝) @ダイドー
■第32回東京都春季少年大会第2戦 vs 東大和ジュニア
■結果
 アトムズ    東大和
(10) 5  1P  0 (2)
(11) 3  2P  1 (9)
(11) 2  3P  0 (5)
-----------------  
(32) 10  TTL  1 (16)
*( )シュート数
■セット
1P
◎8.20.44.12.65
◎19.16.37.80.95
2P以降
◎5.14.44.61.80
◎37.71.77.12.93
◎8.20.15.7.65
◎19.16.41.95.91
GK1.31(17:43で交代)
■アトムズ得点
1:57 19(16)
5:48 37(80)
6:04 44
7:35 12
9:29 80(12)
18:12 20(8)
20:14 41(16.19)
20:27 44
27:21 20(8)
31:11 5(14.61)
■観戦記
昨日とは別のチームのように試合当初から動きの良いアトムズメンバー。連携も良くなり鋭い出足で開始早々から敵ゴールに襲い掛かります。19の先制ゴールを皮切りに1Pで5点を奪取。2P以降はベンチ入りメンバー全員によるセットの構成となりました。都大会初出場の4年生も頑張り終始押し気味に試合を展開、41の嬉しい初出場初得点も生まれました。
この調子で残り3試合も走り切りましょう!


[PR]
by uranmo55 | 2017-05-05 20:26 | 高学年の記録 | Comments(0)
4月9日練習試合vs新横浜ジュニア(シチズン)
             アトムズ           新横浜jr
                 2    1P    1  
                 0    2P    0  
                 0    3P    3 
                 0    4P    0  
                 1    5P    1  
                 0    6P    0  
                 3    TTL    5
今季初試合ですが第一第二セットは1P3P5P、第三第四セットは2P4P6Pと言う変則ルールで行いました。各ピリオド12分。
また特別ルールで1分ごとのブザーでセットチェンジ、全員がベンチのフェンスをスティックで触ったら次のセットが登場できる毎シフトダッシュ練の鬼ルールを採用しています。
第一セット8・44・20・12・65
第二セット19・7・16・80・95
第三セット15・57・89・93・72・33
第四セット77・71・41・91・51・25・55(このうち2人は新横浜に出向)
何人か欠席してますが、都大会を見据えたセット組合わせになっています。


試合経過
1P
2:17  アトムズ G20A12
8:40  アトムズ G8 A20
10:58 新横浜 G10
2P
3P  
15:13 新横浜G11
18:59 新横浜G6
21:14 新横浜G11
4P 
5P
50:20 アトムズG20
57:12 新横浜G11
58:05 アトムズ80ラッフィング
6P

観戦記1P3P5P
立ち上がりに12がDZから持ち上がりAZ左45度から強烈なシュート!
リバウンドを20が詰めて先制。
続いて今度は20のシュートのリバウンドを混戦でしつこく叩いて8が決めます。
しかし、新チームでセットが大きく変わりまだセット組んで浅いためお互いのポジションを把握できておらず、パスが繋がりません。第二セットも個人個人がパックを持ったら突進を繰り返すのみ。
相手の6年生DF達は慣れてくると二人がかりでサンドイッチしたり、うまく壁際に追い込んだりしてパックを奪い返します。
練習でやっていることがなかなか出せないアトムズ、3Pに立て続けにカウンターから失点します。
FW3人がAZ奥深く入ってしまいバックチェックもできず。DFが持って上がって攻撃参加した時にカバーリングの意識が問われます。
お互いに声を出して呼んでパスをもらう動きも必要です。DZでのウイングのDFマークも忘れないように。DF陣はパックでなく身体を押さえることを心がけて!
Aマークの80は気持ちが入りすぎて毎度のペナルティをやってしまいましたが、本番の都大会では我慢我慢我慢で頑張ってほしいものです。
新チームは試合を重ねるごとに成長していくでしょうから、これからが楽しみです。
2P4P6P
こちらは試合経験の少ない5年生と新高学年の4年生の組み合わせ、やはり5年生たちはスピード・サイズ・パワーで優っておりセットを引っ張っていました。
4年生たちも去年と違ってAZでオフサイドをしても気がつかない選手もほとんどおらず。アトムズ4年のレベルの高さをうかがわせる内容になりました。
やはり、パスが繋がらないのでなかなか得点に繋がりませんが、スケートスピードでは負けていないので必死のバックチェックで失点もなく。
もう少しで第二セットに上がってきそうな選手がたくさんいて楽しみな内容でした。
GKは1・2・31と3人ともよく頑張り最小限の失点に抑えてくれていて都大会に向けて順調な仕上がりです。
欠席していた6年生5・61や5年生14、4年生37あたりが都大会ではセットに入ってくることでしょう。
さらにパワーアップして春の都大会優勝を目指しましょう!
[PR]
by uranmo55 | 2017-05-03 00:02 | 高学年の記録 | Comments(0)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧