> 以前の記事
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
by 7 at 21:03
> メモ帳
<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
中学生 練習試合 vs 新横浜Jr
7月30日(水)  21:00-22:30 Citizen Plaza

得点 1P 0-2 2P 0-2 3P 0-6 Total Atoms 0- 10 Armors

第1セット FW #9#7 #37 DF #5#95
第2セット FW #17#39 #88  DF #6#89
第3セット FW #10 #24#96  DF #6#89
GK 前半#33  後半#12

GK#33が大活躍。新横浜Jrの選手たちガッシリと大きい選手が目立ちます。その新横浜の選手に果敢に挑んだのはカラフルな赤グローブセット(白とピンクもありました)と勝手に名づけた第2セットと第3セット(こちらはカラフルさはなし)。なにしろ小柄な選手が多い。この両セットでは中学生になってからホッケーを始めた選手たちもレギュラー出場。全員が氷上を精一杯走り、新横浜の巧みな攻めを阻止しようと頑張ってました。そして、みんな氷上をコロコロとよく転がりました。DFの奮闘振り、さわやかでした。すっきりと負けました。今週末はダイドーカップがあるし、とにかく怪我はしないでほしいと念じていたブログ担当です。
[PR]
by uranmo55 | 2014-07-31 19:10 | 中学の記録 | Comments(0)
【高】練習試合 VSウォーリアーズ

GK32

1P/ 4P 1セット目FW 44,13, 8
2セット目 24,67,77,88

2P 88,13, 8
24,67,77,44

3P 88,13,44
 24,67,77, 8

DF 2,11,93,22,31 順番にまわしました。

平井新監督の指揮する練習試合第1弾は厳しいものになりました。
2時間枠だったこともあり、3P以降の失点がかなり目立ちます。完全にスタミナ負けですね。

DF2は、今日がアトムズ最後の試合でしたが、パワープレーで見事バッティングがゴールにささりました。
大阪に行ったら、どこのチームからもお声がかかるはず。これからもがんばってね!
DF22も、ペナルティこそ取られましたが、とてもいいDFだったと思います。
ただ、DF全員に言えることですが、周りをもっと見ないと、相手の好きなようにリバウンドをはたかれます。
周りを見てください。
FWは、なんといっても#8の急成長ぶりには目を見張るものがあります。この夏を超えたら、相当やばいですね。(笑)
いつも、一人でアトムズのゴールを守っている32も、今日は完全にスタミナ切れでした。身体が急激に大きくなっているので、仕方がないし、成長の過程だから、あまり心配はしていませんが、本人はかなりショックだった様子。元気出せ!守護神!!
2セット目のFWも、経験が浅いとはいえ、よく頑張っていました。これからの頑張りに期待です。


c0117689_23433399.jpg
c0117689_23434718.jpg

[PR]
by uranmo55 | 2014-07-20 23:44 | 高学年の記録 | Comments(0)
【低学年】練習試合 VS埼玉ウォリアーズ
フレンドリーカップ、ダイドーカップを終え、はじめての練習試合。相手は倍返しの一つ埼玉ウォリアーズです。
フレンドリー、ダイドーでの課題を見直すべく(?)布陣を調整して臨みました。

日時:7/18(金)21:00~
場所:川越スケートセンター

1セット目:FW #20,#22(44),#9(11) DF#16,#11(12)
2セット目: FW #18,#19,#14,#15(95) DF#10(48)
3セット目: #12(5),#24,#23(93),#25(41),#26(91),#27(9),29(#22)

GK #1(2),#2(31)

※()は練習着 

1P 0-2
2P 1-2 #27
3P 1-0 #20
――――――
2(20)ー4(25)


相手の#7、#9、#16が頭一つ抜けている、且つ、全体的に試合勘の優れた選手が多い印象のウォリアーズですが、アトムズも負けていない好ゲームとなりました。

まずこの試合で目立ったことはバックチェック、フォワチェックに対する意識。FWが守備をすればDFは守りが楽になり、さらにGKもシュートコースが読みやすくなるという好循環が生まれました。GK#1は再三にわたり相手のブレイクアウェイをしのぎ、初陣を飾ったGW#2もパックを怖がるそぶり無く、恵まれた体格を存分に活かしファインセーブを連発しました。

得点シーンを振り返るとアトムズのエース#20と、このところめきめきと上達しているハードチェッカー#27が個人技で得点をあげました。

失点シーンを振り返ると

・ゲームの流れを切れず帯氷時間が長くなって、こちらの1人目のチェックが遅れ相手のスピードがついてしまった時、ゴール前まであっという間に突破を許してしまい、失点された。
・正面から向かってくる相手に対して、どちらのサイドにも寄せることが出来ず、一発で仕留めようとし、あっさり抜かれてしまう。

という部分が目立ちました。強豪を相手にする時はまず相手をスピードに乗せない、スピードが乗ってしまった場合は、チェックではなくマークという感覚でサイドに寄せるという意識が大切かもしれません。

この結果を踏まえ、途中からスピードある選手に対しては2マンでチェックに行く体制で封じ込めます。その作戦がすぐに功を奏し、3Pだけでは#20のゴールを守りきり、アトムズが競り勝ちました。

試合自体は2-4で敗戦してしまいましたが、公式戦2大会を通しアトムズの低学年は確実に“アイスホッケー”が出来るようになってきています。守備の意識はチーム全体に広がってきておりました。今後は攻撃の意識の個人差をどれだけ無くせるかで秋以降の大会においてジャイアントキラーになれるかと感じさせる一戦でした。
[PR]
by uranmo55 | 2014-07-18 20:00 | 低学年の記録 | Comments(0)
中学生 練習試合 vs 江戸川Armors Jr Ice Hockey Club
7月13日(日)  21:15-22:45 Citizen Plaza

得点 1P 2-2 2P 2-1 3P 3-3 Total Atoms 7- 6 Armors
シュート数 1P 9-18 2P 11-12 3P 11-26 Total Atoms 31- 56 Armors

第1セット FW #8 #71 #37 DF #5 #89
第2セット FW #9 #7 #88  DF #6 #43
第3セット FW #39 #10#17 #24 #96  DF #95 #11
GK 前半#12  後半#33

第1ピリオド。1セット目攻め込んでスタート。2セット目自陣にいる率が高くなり、3セット目攻められモード。GK#12調子よし。1点目Armors#39に先制ゴールを決められたものの、そんなに間をおかず1セット目コンビG#71A#8(今回の試合#43母が手書きでスコアシートを作成。ブログはありがたく、それに依拠させていただきました)で取り返します。パワープレーのチャンスは中3群団が出て、#8のリバウンドを#7がゴールの中へ収めて得点。Armors#17がピリオド終盤に得点して2-2でピリオド終了。第2ピリオド。#43が知性の光る着実なDFぶりと#6の負けん気が生み出すフィジカルなプレーがシュートチャンスの芽をよく奪います。Atoms3点目G#8A#37。4点目は#71がゴール前を移動しながらバックハンドで駆け引き勝ちの得点。1点優位に立った状態でピリオド終了。第3ピリオド、セットの組み合わせが多少変更され、1セット目の面々ドカンドカンと気持ちよくフィジカル、両チーム共に楽しそうに体当たりを炸裂させております。2セット目の#9にも情け容赦なく体当たりは降り注ぎ#9プレーを自由にさせてもらえません(ボード際撮影部隊、つぎつぎとおきるドカンドカン回避でかなり忙しかったです)。そんななか#88がArmors3人前にしながら自陣から一人シュートまで持ち込みます。#89の変声期にかかった声が響きます。これからの成長が楽しみな3セット目ではパスがつながろうとしてます。#33かなり多忙でよく守りました。5点目、G#37A#71、6点目G#7A#37。7点目は#71がゴール正面ブルーライン近くにいる#8にゴール脇あたりからパックを送って豪快に力強く決め(G#8A#71)、7-6で勝ちました。
[PR]
by uranmo55 | 2014-07-16 04:49 | 中学の記録 | Comments(0)
第13回TIHFジュニアフレンドリーマッチ決勝戦
新チームとなってからの公式戦の戦績は2月の帝産カップCプールの8位(2勝3敗)のみ、フルサイズリンクでの試合も練習試合を神宮、西武、江戸川、新横浜と4試合やり2勝2敗。
10回以上こなしているクロスアイスと違って、オフサイド、アイシング等々ルールやポジショニング等分からないことだらけです。
快進撃を続け準決勝でディフェンディングチャンピオン東大和ジュニアの3連覇を阻止して堂々と決勝進出したアトムズですが、一年からU9で活躍する西武の3年トリオ(#8、22、81)との経験の差が大きく出たゲームになってしまいました。
背番号三年生C10(練習着48)、A11(12)、A12(65)、3(10)、GK1(2)
二年生9(11)、13(19)、14(14)、15(95)、16(16)、17(7)、18(18)、22(44)一年生20(20)、21(72)、24(24)、年長28(99)、29(9)
試合結果は
アトムズ  スコア    西武
0       1P      4    
0       2P      4    
1       3P      8
1     TOTAL    16

アトムズ  スコア    西武
3      1P      15    
2      2P      18    
3      3P      13    
8     TOTAL    46

セット組はDFは①11,16②10,15の二セット回し
センターを①18②13の二セット回し
ウイングは9、20、22の3人で順番に回してました。
1P
試合開始直後から予選リーグ17Gの一年生エースFW20がアタッキングゾーンのブルーライン付近で浮いて残り4人で西武の猛攻をしのぐ、W杯でもおなじみの堅守速攻カウンター狙いの作戦!
2~3点リード出来れば敵のエース格もマークにつかざるを得ず、攻め手のエース格に的を絞りやすいはず。
しかし、先制するまでの間キルプレー状態、開始直後からゴール裏に持ち込まれ、フルサイズリンクの試合に慣れていないDF陣が混乱します。
DF16がゴール前には居るものの敵ウィングとの距離感が掴めずスティック4本分離れていてパス~ワンタイムシュートを許します。
またDF10もゴール裏のパックの取り合いが気になりスロットの敵に背を向けてパックウォッチャーになってしまいます。
西武はゴール裏やコーナーからゴール前の味方に何度と無くパスを通し、ワンタイムシュート!大ピンチですが、東大和戦から絶好調のGK1が再三のスーパーセーブ失点しません。
アトムズ父兄の悲鳴~ナイスセーブ~ゴール前マーク!と声援が飛びます
DFゾーンから脱出できず1分半、西武81がDF10,FW22のチェックを次々かわしシュート~ポストの跳ねかえりに、FW13,DF15,FW22がお見合いしてしまい西武81のパスを西武16がワンタイムであわせてゴール(0-1)。
2分過ぎにFW22のクリアがFW20に渡りカウンターのチャンス!
惜しくもGKのレガーズへ当たりノーゴール。
その後も必死の防戦の中からDF11が攻め出しのパスを出すもののウィングFW9,FW18が、ゴール前の守りに下がってしまい繫がりません。
皆、敵のプレッシャーやパス回しに焦ってしまい自分の持ち場を離れてしまい機能しなくなってます。
FW20へのカウンターパスも西武DF8が読んでいて通りません。
6分半には再び西武81~西武16のパス~ワンタイムシュートで2点目を許します(0-2)。
ニュートラルゾーンからFW9が抜け出しパパの『いいね!いいね!
来ぉ~い!』の掛け声とともにシュートするも惜しくも敵DFのスティックに。。。。。惜しい!
それを拾った西武81がチェックに突っ込んだDF16をかわし追いすがるDF11をかわしてGKもまいてゴール(0-3)7:43です。
その後もゴール前のパス~ワンタイムシュートをGK1のファインセーブで防ぐも、FW20へのパスは通らず、9:57西武22~16~81のパス回しから失点(0-4)。
GK1がワンタイムシュートをダイビングセーブし1P終了。
2P
ベンチの指示が出たのか、DF陣のゴール前の守りの意識が改善されゴール前の守りがカラにはならなくなりました。
ただ西武の三人トリオはその上を行きます。
コーナーの西武81~スロットの西武22にパス。シュートを警戒するDFの目が西武22に向いている間に西武81はゴール裏を回りGK1のバックドアに移動、そこに西武22から速いパスが渡りディフレクション!GKスーパーセーブ!リバウンドもセーブ!
この試合GK1は16失点したものの本当によく守りました。惜しむらくはDF陣とのコミュニケーションが無くフリーでシュートを打たせすぎでしょうか。
高学年の守護神GKのように家族から見ても発狂したのでは??と思うくらい、DFに『ゴール前マーク!』と指示を飛ばしても良いのではと思います。
高学年の東京ナンバーワン最強DF達も『何言ってるかよく分からんけどGKが発狂したらゴール前の敵をマークしなきゃ♪』と思っているようです。
1:14西武81~西武16パス&ワンタイムシュートで失点(0-5)。
FW陣もDFのポジションに下がるのではなく早目早目のフォアチェックを連携して行えるように!FW20がフォアチェックから奪ったパックをシュート!
リバウンドをFW9が詰めますが、西武DFも体張ってGKを守ります。
西武22が全員抜いてアトムズゴールに迫るもGK1ナイスセーブ!
FW22、FW20、FW13が次々とフォアチェック、DF10はみっちり練習した内側に入れないディフェンスを実践!
西武81のゴールTOゴールの独走を何度かFW22が諦めず必死に追走するも最後は振り切られ失点。。
西武22にFW13がしつこくバックチェックしDF15が体寄せて並走しGK1が止めて2P終了。
1Pと同じ4失点でしたが、GKだけが目立った1Pと違ってFW・DFに仲間と協力して止めようという姿勢が見え始めました。
3P
段々FWに疲れが見え始め西武DFの裏に出したパックをFW9、FW18、FW22が追えない。。。やはり二年生の体力の限界が近いのか??
しかし、西武のカウンターをニュートラルゾーンフェンス際でFW18、FW22が食い止め、FW9がそこに寄って行こうとして我慢♪
リンク中央のスペースに移動し成行きを見守ります。
FW18のかき出したパックが西武DF45に渡りFW22がすかさずフォアチェック、プレッシャーを感じた西武DF45が焦って西武DF8に出したD-Dパスを狙っていたFW9がFW22のチェックに連動して1秒早い動き出しで見事にインターセプト!
追いすがる西武45のチェックを受けながらもゴールへ向かってシュート!
リバウンドを西武GKと西武DF45が譲り合ったその一瞬に、FW9をフォローして追って来たFW22が走りこんでシュート!ゴォ~ル!
スタンドのママ達から『いぇぇぇぇぇぇ~い♪』と歓喜の声が上がります。
これを待っていた。
西武の三年生トリオに個人個人ではスピード・スキル・経験値どれをとっても敵わないけど仲間を信じて次のプレーを予測して一歩早く動き出す。
仲間のプレーを見送るのではなく最後まで諦めずフォローする。
皆で協力してGETした値千金のゴールでした。
その後もDF10がブ-ルラインからスペースの空いたコーナーに放り込み、事前に密集から離れスペースを探したFW22が敵より早く反応!
コーナーからパックを拾った瞬間にゴール前にノールックの頼みパス(きっと味方が詰めてくれるはずと思ったとの後日談!?)。
そこになんとFW9、FW13が早い動き出しで反応!走りこんでシュート!惜しくもGKにセーブされました。
それぞれが自分の仕事をきっちりこなし、味方のプレーを信じて連動した素晴らしい攻撃でした。
スペースに放り込んだDF10は西武のカウンターにもいち早く反応し必死に戻ってシュートを許しませんでした。
FW9,FW20は最後までフォアチェック頑張り、DF11、DF16も連携してラインを作って協力して守れるようなり西武81の突進にも一発チェックに行かず、粘り強くあたり、スピードを遅らせオフサイドを誘いました。
最後は全員出場し、少々失点しましたが。良い形が出始めたので秋~冬のフルサイズリンクの大会に期待が持てると思います。

大会終了後、監督の『冬のフレンドリーで必ず倍返しする!』との熱いお言葉に、昨日の夜中DVDを観ていたのはこれだったのか。。。。と練習カードをいつも作って下さる奥様のつぶやき、32-2で勝つんだから相当頑張らなくては。。。。。と気を引き締める父兄の声も聞かれました。




以下はYEAR BOOK用のスコアまとめです。訂正あればコメントしてくださいm(__)m
4on4
江戸川戦:練習着20番6G、11番4G1A、44番1G2A、18番1G2A
神宮戦:練習着20番11G、11番3G、44番2G1A、19番2G、18番1G4A、12番1G2A、16番1G2A、65番2A、95番1A、7番1A
西武A戦:練習着12番1G、16番1G
5on5
準決勝東大和戦:練習着20番3G、19番1G1A、11番1G、44番1A
GK2 SOG13本1失点セーブ率0.923
決勝戦西武A戦:練習着44番1G、11番1A
GK2 SOG46本16失点セーブ率0.652
[PR]
by uranmo55 | 2014-07-14 19:14 | 低学年の記録 | Comments(0)
【高】 やまびこ交流練習試合  4試合
高学年 2014. 7.12(土)~13(日)  @やまびこスケートの森アイスアリーナ

土曜日、日曜日と2試合ずつ やまびこバスターズさんと埼玉ウォーリアーズさんの2チームと対戦させていただきました。
「親父」こと、引木監督率いるアトムズは、これで、本当にオーラス。
土曜日の夜は、帯同した保護者で、送別会もしてきました。

あまりにも大きな存在だった監督がチームを去るのは、本当にさみしく、残念でなりませんが、子供たちは、そのさみしい思いを試合で見事表現してくれました。
違う表現の仕方が良かったんだけどなー。

とりあえず、セットは、ありとあらゆる組み合わせだったし、ゲーム内容もムカつくので、細かいことは、ゲームシートで。

明日からはいよいよ、「番長」こと平井監督率いるアトムズになります。
おそらくアトムズ創部初の女性監督になりますが、「親父」以上に、ぐいぐいと、高学年チームを引っ張って行って下さることでしょう。というか、足を引っ張るようなやつは、たぶん、蹴り落とされますよ!

がんばれ!番長アトムズ!!
c0117689_13121692.jpg
c0117689_13122851.jpg
c0117689_13123812.jpg
c0117689_13124832.jpg

[PR]
by uranmo55 | 2014-07-13 13:13 | 高学年の記録 | Comments(0)
2014.6.29 13回ジュニアフレンドリーマッチ準決勝
アトムズ                   東大和

       2         1P             0
       2         2P             0
       2         3P             1
       6          TTL              1


準決勝です。相手は数年前の王者の東大和です。
1P始めは緊張気味のスタートです。ただあの東大和を
押してる雰囲気がありました。
お互い一進一退が続く中、3年生10番の力強いシュートが決まりました。
その後両チーム緊張がとけアトムズ押し気味の中20番が追加点を取りそのまま1P終了。

2P開始からほぼアトムズペースで進みます。
東大和は個人技で攻め込みますがアトムズ全員でよく守り
前へ前へとパックが出ます。
追加点が欲しいときにちゃんと入りこのピリオドも2−0で終了。

3P東大和も必死です。
数本のシュートを打ちますがこのピリオドはキーパーのナイスセーブが目立ちました。
チームは欲しいときに点が入り、途中から入った選手も負けじと守り攻めていました。
2−1で終了です。

結果、あの東大和に6−1で勝ち、決勝進出です。
ここ1年でアトムズ低学年の力は全体的に底上げされたと感じた試合でした。
                                                                  
[PR]
by uranmo55 | 2014-07-04 15:05 | 低学年の記録 | Comments(0)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル