> 以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
「負担」にならないように..
by 駒木根 at 11:14
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
> メモ帳
<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
中学生 第37回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs西部White Bears
12月30日(月) 19:00-20:45 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 0-1 2P 0-1 3P 0-2 Total Atoms 0- 4西武White Bears
シュート数 1P 6-12 2P 10-16 3P 6-14 Total Atoms 22- 42西武White Bears

残念! 惜しい!!は何回かあったのですが、得点できませんでした。4位になりました。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-31 10:04 | 中学の記録 | Comments(1)
中学生 第37回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs 明治神宮外苑 Ice Hockey Club
12月29日(日) 17:15-18:45 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 2-0 2P 1-0 3P 1-0 Total Atoms 4- 0 Jingu
シュート数 1P 13-0 2P16-3 3P 9-7 Total Atoms 38-10 Jingu 

試合開始、スターティングメンバーとして氷上にDF#3の姿が見えます。久しぶりの先制点は#71のきれいな敵陣内ゴール前のface-offから。真後ろに立つ#9にパックが掻き出され、#9が#71へ戻すと#71は自分の右わきにいる#37にパックを出し、#37がきれいに合わせてシュート(G#37A#71)。2点目はその次に出てきた#89(G#89A#7)。第1ピリオド、2-0。3点目は第2ピリオドパワープレーの時に、G#8A#89#7。4点目は第3ピリオドキルプレーの時、#37が後ろから駆け込んできてシュート(G#37A#7)。このピリオドでは#95がDFで出場しました。

本試合コーチが4人もベンチに入っての戦い。Cマークはきっともどかしい思いを抱えながらドアマンをつとめ、ベンチには氷上のみんなの戦いを食い入るように見つめて応援するアイスタイムのまだ無い面々の眼差しがあります。明日はいよいよ最終戦。勝っても、負けても全力を尽くしたよい試合を。Have fun!
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-30 07:55 | 中学の記録 | Comments(1)
中学生 第37回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs Indians東京West Ice Hockey Club
12月28日(土) 19:00-20:30 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 2-1 2P 1-2 3P 0-0 Total Atoms 3- 3 Indians
シュート数 1P 11-11 2P 11-10 3P 6-13 Total Atoms 28-34 Indians

#89のリバウンドを叩くべく#9が滑り込んできてきれいな1点目。#26がペナルティボックスから出てきざまに一人で運びあがってGKを振って見事に決めたのが2点目。#26はその後すぐまたペナルティボックスに(ちなみに先の2試合に引き続き、笛が頻繁に吹かれ、今回もほぼ1ピリオド分、誰かしらがペナルティボックスにいるという試合となりました)。3点目は、キルプレーの最中。#7が敵陣内でボード際からパックを奪い、斜め後ろ、氷のまん真ん中に出し、#8が走りこんできてヒョイヒョイとGKをまき3点目を入れました。試合は決まってたら格好良かったと思えるプレーを敵GK前で展開しているときに、これもキルプレー中、終了しました。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-30 07:43 | 中学の記録 | Comments(0)
中学生 第37回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs 西武東大和Junior Ice Hockey Club
12月27日(金) 15:30-17:00 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 0-5 2P 0-3 3P 0-3 Total Atoms 0-11 Yamato
シュート数 1P 5-25 2P 1-18 3P 5-10 Total Atoms 11-53 Yamato

…きついゲーム展開でした。ダメージコントロールのために投入された#3が知性あふれる観察力のある落ち着いたプレーで大活躍しました。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-30 07:36 | 中学の記録 | Comments(0)
高学年秋季大会 VSインディアンズ東京ウエスト合同
2013/12/28
東京都秋季大会 VSインディアンズ

セット
①FW 6-13-44(24、89)
      DF 48-43

②FW 9-8-3(31)
      DF 11(93、2)-89

   
得点
(シュート数) アトムズ  インディアンズ
1P        2  -  0
         (16)  (3)
2P        1  -  0
         (13)  (1)
3P        0  -  2
         (12)  (3)
          3  -  0
         (41)  (7)

1P

インディアンズのGKは春季大会と同じ助っ人GK。アトムズ、春季大会では圧倒的に攻めながら1点目がなかなか入らなかった印象がありますが今回はどうか。昨日の神宮戦でもさんざん打ち込まれながらも1失点に抑えたという話です。観客席からはなかなか点入らないんじゃないかとの声がちらほら。
試合開始早々のファーストプレー、相手陣内への#6のフォアチェックが有効で相手ゴール付近でのプレーが続きます。#13がゴール裏を回り込んでスロットエリアに流し込んだパックはバックドアで待つ#6のもとへ、見事に決めてあっさり先制。父兄の試合前の不安を払拭する見事な得点です。(00:32 G6 A13)
昨日までの2試合と違い相手プレッシャーがそんなに厳しくなくアトムズは皆比較的余裕をもってプレー出来ているようです。そのせいかパスがつながり攻撃が機能し相手陣内でのプレーが増えていきます。そして2点目 相手DFがクリアしようとしたパックを♯44がゴール裏でカット、ゴール前で待つ#6にパス。#6シュート、リバウンドをさらに叩いて得点。(4:39 G6 A44)
この後#43が相手FWからエルボーをくらってパワープレー。PPの間、何度か決定的な場面はありましたが相手GKの好守、流石にそう簡単に追加点はくれません。1P終了直前ゴール前に持ち込まれるシーンがありましたが#89体を張ったDFで得点を許しませんでした。


2P

2Pもアトムズペースで試合が進みます。2つ目もFW#9、#8、#3のフォアチェックが効果的で相手にペースをつかませません。しかし、チャンスは続きますがやはりなかなかゴールラインを割ることが出来ない。相手GKの好守に阻まれます。キルプレーもありましたが無難に切り抜けた後、チャンスが来ました。相手ゴール前でのフェイスオフでパックをキープした#6シュート、相手GKにはじかれたパックがゴール横に流れます。流れたパックを#44ゴール前に折り返し#13からバックドアの#6へ、#6相手DFと競り合いながらも押し込み得点を決めます。これで♯6ハットトリック達成。(21:56 G6 A44、13)


3P

3Pもアトムズ攻め込みます。パックを取られてもすぐにプレッシャーをかけパックを奪い返すいい展開。そんな中、相手パックキャリアーに対し#44と#6が挟み込みパックを奪取しますがここで♯6にエルボーの判定、キルプレーです。ただ、その場面をよく見るとエルボーをくらっているのはアトムズ#44(笑)。その後も無難な試合運び。足が止まりつつあるインディアンズに対して#48、#43のパック回しからシュートを打つシーンも多々ありましたがGKに阻まれ3Pは無得点で試合終了。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-29 09:28 | 高学年の記録 | Comments(1)
高学年秋季大会 VS西武ホワイトベアーズ
2013/12/27
東京都秋季大会 VS西武ホワイトベアーズ

セット
FW 89-13-6
   (8,44,9交代で入れ替え)
DF 48,43(89)
   


得点
(シュート数) アトムズ  ベアーズ
1P        0  -  2
         (4)   (11)
2P        0  -  2
         (3)   (18)
3P        0  -  2
         (6)   (27)
          0  -  6
         (13)  (56)
1P
試合開始早々から足がよく動いているのは西武、ルーズパックへの反応も早くポゼッションの低いアトムズが受けに回る形。攻め込まれる形が多く、たまらず♯48トリッピングでペナルティを取られてしまいます。しかしなぜかボックスには♯13の姿が?観客席の一部からはどうしてこういうときは素直なのかという疑問の声が上がります。このキルプレーは何とか攻撃を凌ぎきったもののキルプレー終了後も一方的に攻め込まれる場面が続きます。相手の速い動きにマークがずれてゴール前フリーでシュートを打たれるシーンもあります。しかしアトムズGK見事な反応でゴールを許しません。そんな中#13は相変わらず体を張ったプレイ、チェックされた相手ウイング我慢しきれずボーディングを取られパワープレーのチャンス。しかし攻め込むもののチャンスを活かし切れずパワープレー無得点。
攻めこまれるシーンの中で昨日に引き続き体を張ったしつこいDF♯43この数か月で明らかにパワーアップしたような気がします。また、その後の決定的な場面も何度かありましたがGK必死のセーブで失点を許さず。#6も持ち前のスピードで走り回りますがスティックが相手に引っかかりトリッピングを取られキルプレー。西武怒涛の攻撃、アトムズGK何とか抑え、ファーストシュートは止めますが何本目かのリバウンドをうまく合わされ失点。ここは、GK不可抗力でしょう。その後アトムズ調子が出てきたのか相手ゴール前のシーンも増えてきます。しかし逆にカウンターをくらってゴール前で両チーム選手が入り乱れる中2点目を失ってしまいます。


2P
開始すぐに#6が相手のペナルティを誘いパワープレーのチャンス。#8のシュートリバウンドに#6飛び込みこれはという場面がありましたがあと一歩及ばず、逆にキルプレーの西武のカウンターでゴール前まで入り込まれてしまいます。#13、#43の体を張った必死のDFもありましたが3得点目を決められてします。決してDFが甘かったわけではないと思います。ここは相手FWのパワーとバランスをほめたいと思います。強いて言うなら#13、#43が粘っているうちに次の選手の戻りが欲しかったところです。その後はアトムズにフォアチェックも出始め、しばらく一進一退の攻防が続きます。しかし西武ウイングにコーナーからゴール裏に走り込まれ、センタリング、ゴール前で浮いていた選手に4点目を決められてしまいます。その後も西武の決定的なシーンが続きますがアトムズGK獅子奮迅の働きで追加点を許しません。並みのGKならあと2,3点取られていてもおかしくない展開でした。

3P
ほぼ互角の立ち上がり。自陣ゴール前の攻防で#13スラッシングのペナルティを取られてしまいます。ショートハンドのプレー中、西武の決定的な場面が続きますがこれもアトムズGKの好セーブで無失点で切り抜けます。3Pに入って滞氷時間の長いアトムズメンバー疲れの色も徐々にですが出てきます。しかし3P中盤にはアトムズ気迫の攻撃、幾度となく相手ゴール前に迫り決定的なシーンを作り出します。が、あと一歩のところで得点には及ばず。逆に追加点2点決められ試合終了。しかし3Pまで決してあきらめずに走りぬいた姿勢は明日につながると思います。とにかくGKお疲れ様でした。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-28 18:11 | 高学年の記録 | Comments(0)
高学年 秋季大会 VS江戸川アーマーズ
2013/12/26
東京都秋季大会 VS江戸川アーマーズ

セット
FW 13,6,19,91,8
   5人回し (13ほぼ出ずっぱ)
DF 48,89,43
   (48出ずっぱ)


得点 アトムズ  アーマーズ
1P  0  -  0
2P  1  -  1
3P  2  -  1
    3  -  2

1P
すみません仕事の都合がつかず1P終了間際から観戦のため詳細は分かりませんが、見ている父兄に聞くとアトムズの悪癖、立ち上がりの悪さが出ていて スコアレスドロー みんなかなり緊張していたらしいです。


2P

1Pの悪い流れを引きずったのか2P開始早々先制点を決められる嫌な流れ。挽回できるかアトムズ。その後奮起し攻め込む場面も出てきますが、アーマーズのフィジカルなプレッシャーに調子を狂わされたのか、シュートまではいくものの淡白な攻撃に終始しなかなか決定的な場面は出てきません。アーマーズのウイングはカウンター気味にアトムズDFの裏を取ろうとする動きがあり油断できません。そのうち#13の豊富な運動量、#6のスピードなどアトムズの攻撃パターンが徐々にですが見られるようになってきました。その後#89のスピードを生かした突破からの惜しいシュートがあり得点が入りそうな雰囲気が漂ってきました。そんな決定的なチャンスが続く中、2Pも残り1分、攻め込んだ#91相手ゴール裏で敵DFに競り勝つとゴール前の#6へパス、#6のシュートは一度は相手GKに阻まれますが#6しつこく叩いて同点。いい時間帯で追いつきました。


3P

開始早々攻守の切り替えの激しい展開、両チームに決定的な得点チャンスが続きますが、両GKの好守。得点は動きません。#43のしつこいDFが効果的です。そしてアトムズにチャンスが生まれます。コーナーで相手DFを鋭い切り替えしで置き去りにした#13、ゴール裏の#91へパス。#91ゴール裏を回り込むと見せかけてゴール裏で切返し、相手GKの動きの逆を突き見事な得点。逆転です。ただその次のプレー、アーマーズのカウンター、アトムズ守りの人数は足りているものの相手パックキャリアー1人に対し3人でマーク。相手からパックを奪ったものの後ろからノーマークで走りこんできた敵FWへのドロップパスのような形になりそのままシュートされ同点にされてしまいます。せっかく頑張って戻ってきて守りの人数は足りていただけに残念な失点です。戻りながらのDFで難しい場面でしたが、声掛けなどで意思疎通が図れていたら防げていたかも。逆転した直後だっただけに嫌な失点です。しかし、そんな嫌な流れを断ち切ったのはCマーク#48相手陣内からのフェイスオフからこぼれたパックを豪快に相手ネットに突き刺しました。そして残り5分勝ち切れるかアトムズ。一度、強烈なシュートにアトムズGKのキャッチンググローブからパックが飛び出しそうな場面はあったものの何とか失点を免れ、最後アーマーズの6人攻撃も退け、ひやひやしながらも薄氷の勝利。



全体の印象ですが、特に守りのときに敵のパックキャリアーに対して若干アトムズの寄せの出足が悪く、受けの姿勢になってしまっていたような気がします。その少しのことにより相手に余裕をもってプレーされているような印象を受けました。特にターンオーバーのときに、相手がスピードに乗る前に、ほんの少しその点を意識してプレーするだけでかなり展開は変わるのかなという気がしました。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-27 23:03 | 高学年の記録 | Comments(0)
中学生 第37回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs 江戸川Armors Jr Ice Hockey Club
12月26日(木) 17:15-16:45 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 0-2 2P 2-0 3P 2-2 Total Atoms 4- 4 Armors
シュート数 1P 2-15 2P 5-11 3P 13-5-9 Total Atoms 20-35 Armors

第1セット FW #8 #7 #89 DF #26 #5
第2セット FW #37#71 #9 DF #68 #5
GK#30

いきなりドッキリスタートの都大会初戦。試合が始まった早々にDFが2人(#26#5)一緒にペナルティボックス行き。3人(#7#8#68)でキルプレー。パワープレーに入った途端Armorsも力み過ぎたか、1人がペナルティボックス行き。3人(#7#8#71)対4人。Armorsにズバンと得点されて4人(#8#71#68#5)対4人。笛がピーピー吹かれる両チームともぎこちない幕開け。そんななかAtoms無得点のまま、またもやズバンと決められて0-2。第2ピリオドでは、Armors側が早々にペナルティとられ、パワープレー中のAtoms、#89がニョロリニョロリと上がって行き、フニョロロロ~と妙なゴールを決めとりあえず1点。そのあとすぐ#5がまたもやペナルティボックス送りとなり…やれやれどうなるんだろう、この試合と思っていたら、このピリオド半ばから調子が戻ってきました。1セット目には攻めの形ができはじめ、それに何より2セット目が好調です。G#5A#37でAtomsに2点目が入ります。#68はダイブしてシュート阻止の必死のペナルティ。Atomsキルプレーの最中も#8や#71がArmorsの秀逸なGoalieを脅かすプレーが出ます。本ピリオドはArmorsを無得点に抑えて2-2の同点に持ち込みました。両チームとも早く次の1点が欲しい第3ピリオド。2セット目の歯車がますますかみ合ってきました。GK#30はパックを胸の前で両手で抱きとめて調子のよさをアピール。点数のバランスがなかなか崩れません。#26、#8の腕が大きく振り上げられているときに果敢にArmors GKをスクリーンし、ゴール前で場所の確保争いを激しく展開しています。力強い勢いのある試合が展開されていますが...やっぱり点は動きません。白熱したドラマは、残り時間あと3分を切ったところから始まりました。#89がシュートを放って出てきたリバウンドを#7が入れて3-2。観客席からは大歓声が、氷上では5人が抱きついて喜んでます。ところが30秒しないうちにArmorsの逆襲にあい3-3の同点。観客席は大変な騒ぎ、氷上も大変。#26はhookingしてシュート阻止成功。そしてなんとキルプレーの最中試合残り時間あと14秒で飛び出して4-3にしたのは#8。Armorsは6人で猛攻。そしてなんと残り時間が0になるところでArmorsが得点! 4-4で試合終了。波乱に満ちたなんとも劇的な引き分け試合でした。

試合後、外の広場で両チームの選手が仲良く、楽しそうに試合談義してて微笑ましかったです。それでは、また明日。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-27 09:56 | 中学の記録 | Comments(0)
中学生 練習試合 vs日光東中学校
12月22日(日) 17:00-19:00 12月23日(月) 6:00-8:00 今市リンク 

21日(土)の練習でGK#28がAtomsを去りました。3年前まだ新人だったGK#28は桐生の大会で2試合、最後はゴールから走り出て守るという迫力を見せて高学年Atomsを決勝戦にまで導きました。21日の晩の練習では、そのGK#28に選手・コーチ全員が順繰りとシュートを放ち、氷上に花道を作って送り出しました。寂しくなりますね。

お別れの翌日、中学生Atomsは栃木県今市市まで日光東中学校と練習試合のため一泊遠征しました。

1試合目 得点 1P 3-3 2P 1-1 3P 0-3 Total Atoms 4- 7 日光東中学校
2試合目 得点 1P 0-2 2P 1-5 3P 3-3 Total Atoms 4- 10 日光東中学校

第1セット  FW #8 #7 #89 DF#5#26
第2セット  FW #37 #71 #9 DF#68#95
GK#30

GK#30が何回もリバウンドのリバウンド止めて頑張っています。2時間枠で1ピリオドが30分くらいの3ピリオドなんていう慣れない長さのためか、1試合目最後のピリオドで動けなくなりました。2試合目、日光東に動きを封じられている模様。スピード感をもって動き回る日光東にやられまいとAtoms DF君たちが走りました。第3ピリオドの最後の3点目では#8が自陣から縦に、相手DFの間を力強く掻き分けて運びあがり鮮やかな得点でした(撮影部隊はこの場面を捉え切れなかったようです。バッテリーが寒さにダウンしました。なにしろゴーリーのヘルメットには汗が氷柱になっていたそうです)。

朝の2試合目、星空を見ながらリンクに入り、外に出たらお日様が燦々としていました。都大会まであと3日。日光東が21、22日と練習試合をしたArmorsとが初戦です。楽しみです。
[PR]
by uranmo55 | 2013-12-27 09:45 | 中学の記録 | Comments(0)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧