> 以前の記事
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
by 7 at 21:03
> メモ帳
<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
練習試合VS西武ホワイトベアーズ 
2012年1月7日(土)20:00~ 
@シチズン

低学年#19、#91父です。
早いもので今年度もあと僅かですが、まだ大会もありますので引き続き気を引き締めていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。新年初戦は、#22(2年生)パパにブログアップしてもらいました。有難うございます。



新年明けましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い致します。
3年生以下で参加出来る大会も残りわずかとなりましたが、低学年の本格始動です。
冬休みご両親の帰省先で腕を磨いた子。嫌々ランニングしてた子。
東京で練習にスケーティングに明け暮れていた子。
前日の川越練習から頼もしさが、ひしひしと伝わって来ていました。
今試合は25分ハーフの前後半制ハーフタイムは3分。

得点:1P 4-1 2P 6-1 Total Atoms 10-1 WB
シュート数:1P 4-11 2P - Total Atoms - WB

DFは2回り目以降多少入替っていましたが、1回り目のセットで表記。
試合背番号(練習着)
GK:1(8)
1セットFW:18(9)15(87)14(15)DF:21(22)19(7)
2セットFW:6(12)2(13)9(19)DF:13(11)10C(29)
3セットFW:4(10)12A(44)3(5)DF:8(91)11A(99)
4セットFW:20(1)22(86)23(77)DF:6(6)10C(29)
5セットFW:24(95)25(14)26(55)DF:13(11)11A(99)

前半:注目の立ち上がり、怖い物無しの2年生セットにも固さが見られ、押され気味の展開。
そんな2年生を尻目にAtoms低学年最強セットがその後登場。ゲームキャプテン10と13の
固い守りからの球出しにFWが応え3分に9がゴール。4分に6もゴールを決め。
代わった3セット目も2セット目には負けじと、いつもはFWの8が11とコンビを組み、
DFポジションからのドリブルで敵をかわし5分に連続ゴール!
4,5セット目からは、3年生以上のDFが試合経験の少ないFWをフォローする展開。
5セット目FWのプレーには、美人ママの歓声が沸いた。
ユニホームから脚が生えたように見えた25は力強いスケートでパックを追い雄叫びを上げ、
ゴールを上げた3年生に続けと、20、22、23、26は少しお兄さんらしく、パックをゴールに進めた。
24はたまにニュートラルゾーンでたたずみお兄さん達にあこがれの視線を送っている姿が見られたが、
皆アイシングに気を付け、お兄さん達の勢いを止めまいという心遣いが感じられ、そのチームワークに感心した。
その後2年生セットもいつもの調子を取り戻し、中盤14分に15がゴール。
後半:開始早々30秒、前半の勢いとハーフタイムのコーチからのアドバイスに奮起した2年生セット14のゴールが、
15のアシストで決まった。18のゴール前のポジショニングも良く、ゴールをアシストしていた。
再三相手シュートをセーブし続けた1も、3分WB7のドリブルからのシュートが、コースに決まり反応及ばず失点。
前後左右に動きが冴えていただけにもったいない気がした。
この後プレーヤーに火が付き、4分に9のゴール。6分9のアシストで13のゴール。8分11のアシストで12のゴール。
9分には8,12のアシストで4のゴールと3年生の意地が爆発!後半3セット目4,12,3のホアチェックや8を起点とした攻撃が噛合い
何度もシュートチャンスが演出されていた。19分10点目の9のゴールが決まり、その後一進一退あったものの試合終了。
試合を通した感想としては、FW、DF其々の声掛けやパス廻しはこれまでも行われていたが、
今試合DF-FWの声掛けやパスの繋がりが見られるようになり、成長が確認出来た。
関東最強チーム目指し進め!


1時間しかない割りにバランス良く得点をとり、10点取れたのは良かったです。個人目標はどうだったでしょうか。帝産C、フレンドリー、グレスケカップと続きます。全力で駆け抜けましょう!!
[PR]
by URANMO55 | 2012-01-16 21:00 | 低学年の記録 | Comments(0)
高学年 第37回関東少年アイスホッケー大会 vs新横浜ジュニアアイスホッケークラブ
1月7日(土) 12:50-13:30 日光霧降アイスアリーナ

得点 1P 0-0 2P 0-1 3P 0-3 Total Atoms 0- 3 新横浜 

シュート数 1P 5-4 2P 1-5 3P 3-5 Total Atoms 9- 14 新横浜 

1セット目 FW #37 #7 #4 DF#8 #48
2セット目  FW #8 #17 #5 DF #95 #9

お正月明け早々、粉雪がちらつく日光に集結したのはAtoms高学年17名。セブンイレブンにも普通にホッケーのポスターが貼ってあるのをみて、ホッケーの街を実感。Goalieも万全の2名。試合は激しい厳しい展開となりました。

第1ピリオド、いきなり攻められモードです。Atoms Goalie #33、好調です。Atoms選手たち攻められモードに耐えてます。苦しげながら、Atoms一生懸命シュートチャンス、パックキャリアーを潰しています。というようなピリオドにブログ担当の目には映っていたのですが、シュート数は意外なことにAtomsの方が1本だけ上回って5本打っていました。その苦しい雰囲気をピリオド終了間際にAtomsに持っていくことに成功しました。#9調子上がってきているようで肉弾攻撃復活してます。その#9、パックをゴール裏から通して#37へ、#37素早い判断、#9から来たパックを止めることなくそのまま方向を変えてスピードを加速させて逆サイドにいた#8へ。得点にはなりませんでしたが、この瞬発力のあるプレーが雰囲気を変えて0-0で第2ピリオドの開始となります。両チーム観客席からの絶叫が飛び交ったのは開始2分ごろ。#7のfaceoffきれいに#37へ決まり、#37ブルーライン寄りにいるDF#8へ。#8振りかぶってドカーンと新横浜Goalieにぶつけていきます。#7がリバウンドをたたき、セーブされ、そのリバウンドを#37がたたきますが、またセーブされました。強烈な攻防がこの後も続きます。#5はtrippingをとられ、そのあとには#17がシュート阻止のhookingでペナルティをとられますが、キルプレーは沈着にこなします。が、沈着にキルプレーをこなした直後、なんと新横浜#10に一人旅を許してしまいます。しかも見事な角度のシュートを放たれ、ネットのキワに決められます(18:29)。この後ゲームはAtoms Goalie前で展開します。うまくパックが新横浜選手のスティックに捕まってしまい、ブルーラインの外にパックをなかなか出せません。#95、迫力の体使いです。気持ちで負けるわけにはいきません。ようやくパックがブルーラインを出ました。新横浜のDFにAtoms#8迫っていったところ、新横浜のパスが#8の体にあたり、#8ゴール前にいる#5へ。#5うまく合わせましたが、得点にはつながらず。こうしてピリオド終了寸前、またもや攻めの雰囲気をAtomsのものにして、そして本ピリオド唯一のシュートを打って終了しました。0-1第3ピリオド、新横浜が1人攻め上がってくれば、こちらも#8攻め上がります。#9、Goalieを守ってクリアーします。#95、体当たり行きます。#48ぶち当たり、吹っ飛ばされます。そうして守っていますが、新横浜#10にまたもや一人旅を許します。#4が追いかけ、#37、#17そして#95と次々とサミダレ方式でプレッシャーをかけにいき失敗、#17がゴール前まで猛追してプレッシャーをかけ続けますが、新横浜#10、それもものとせず得点します (24:30)。でもこうなると#8燃えます。果敢に攻め込み、打っていきます。#17はGoalie前でパックは我が物にしてあるものの新横浜勢に囲まれ打たせてもらえません。このあと新横浜に追加得点され、0-3となります(25:45) 。この後これ以上の追加得点は許されない、と#8得点阻止tripping。キルプレーになり#37#17#5#95で出場。#17打っていきます。キルプレーを乗り切り、試合終了まであとわずかになったところで、#17#7#37#8#48の組み合わせが投入されました。#48がholdingをとられます。キルプレーになりましたが、守りのキルプレーではありませんでした。ニュートラルゾーンでの攻めに転じようとする両チームの攻防でした。#7何回も#37へ出しますが、うまくいきません。みんなでとられてはこぼれのパックを拾い拾いして前へ前へとつないで持ち上がって敵陣に入ったところで試合終了のブザー。0-3の負けです。

監督、コーチの皆様ありがとうございました。今年のホッケーはじめは練習でなく、いきなり本大会という選手も多かったとか。2011年度高学年チームは残りあとわずかになりましたが、今年もホッケーを、選手はもちろん、応援席の皆様、ブログ読者の皆様とともに大いに楽しみたいものです。最後になりますが、今年が世界にとっても皆様個々にとってもよい一年でありますように。
[PR]
by uranmo55 | 2012-01-08 17:49 | 高学年の記録 | Comments(0)
高学年 第35回東京都秋季大会 5日目 vsインディアンズ東京ウェストアイスホッケークラブ
12月30日(金) 11:00-12:30 ダイドードリンコアイスアリーナ

得点 1P 2-1 2P 2-0 3P 0-1 Total Atoms 4- 2 Indians 
シュート数 1P 18-5 2P 13-6 3P 6-6 Total Atoms 37- 17 Indians 

いつもだとここにセットの組み合わせを書くのですが、あまりに多様な組み合わせで… なにしろ今までに見たことのない組み合わせFW#8#7#5DF#9#48でゲームはスタート。そして2セット目として登場したのはFW#37#17#4DF#95#43。全員出場のスタンスありありのベンチ采配です。Goalie#28がいつ入るのか楽しみです。その後の組み合わせはありすぎて書ききれません。なんとなく3セット回しで、FWの二人は固定してありました: 1セット目FW#7#8、2セット目FW#17#37、3セット目FW#4#5。そのあとの組み合わせはWing#89#96#39#66をまわし、DFは#95、#48、#9のそれぞれと#43#18#30#6の組み合わせで守りに出て行きました。そしてサスペンスに満ち溢れた両チームにとって面白い試合が始まりました。一番応援席がにぎやかだった試合でした。

第1ピリオド、 1:49#8が右上肩口に得点します。#37スパルタランニングの効果出てます。どこのチームも同じ条件とはいえ、5日間連続試合、選手たち足に来ています。階段の上り下りきついらしいです。そのなかできつい足が#37よく動いています。2点目。#48がパックを自陣でとり、#9にわたり、それは#5へ。そして#8がもちあがり、#8囮作戦、Indians Goalieを自分にひきつけ、ポスト反対側にいる#7にパスを出して気持ちよく決まります(09:08)。1回目のキルプレーでは攻めています。#48がブルーラインから打っていきます。#4ゴール欲が見えてます。#9もブルーラインから打っていきます。#5見事なあたり、elbowとられて、キルプレー。Goalie前クリアーできず、Indiansのキャプテンにスコアされます。2-1。第2ピリオド開始、観客席いよいよドキドキ感増します。#66惜しい! 初ゴールのチャンスかぁっっが数回…、残念。#95よく自分の相方のDFをみて大きくカバーして走ってます。#8、走りこんでいって、今度は反対側の肩口に決めます(17:10)。18:08にはセンター#17じっくりと周りを観察し、face off。ぐるぅっと足の長さとリーチの長さを活かして1,2歩回り込んでシュート、こぼれたところを#37余裕のゴール(18:08)。#33貫録のゴールテンディングです。見事なリバウンドコントロールぶり。妹弟軍団にぎやかな声援ぶりです。親顔負けです。4-1となります。第3ピリオド、今大会大活躍だった#33お疲れ様でした。ついに#28が氷の上に登場です。H監督豪胆です。FW#89#5#4DF#9#6で第3ピリオド開始です。そして普通に全員ぐるぐる出ています。これまでベンチで観てきた分のエネルギーを精いっぱい出すみんなのピリオドです。いきなり攻め込まれ、#28初っ端からフリーズしてセーブ! 手を握りしめていたAtoms観客陣多かったことでしょう。#28の父上の心拍数はどのくらい上がられたことでしょう。Indians#18が持ち上がり、#10に決められます。Indians応援席この2点目に喜びが爆発しています。Atomsのにぎやかな応援席を制しています。#89ペナルティとられます。キルプレーは乗り切り、そのあとはほぼ敵陣の中でのゲーム展開となります。#39運び上がります。#95も運び上がります。#18はブルーラインから打っていきます。最後一瞬攻め上がられ、絶体絶命か、と思いきやパックはすれすれでネット越え。#28も強運の持ち主です。こうして4-2でゲーム終了。

ドキドキ感満点の試合に勝ちました。本大会は3勝2敗です。この時点で総当たり戦大会の特性の穴に見事はまりました。なんと順位は2位から4位までの可能性があるという、他のチームの勝敗任せになりました。というわけで多くのみんなは観客席で次の2試合を観戦。その結果3位入賞しました。本大会ブログは、H監督の言葉で締めくくっておきます。「春季の大会から比べたら本当に選手たち伸びたと思います」。
[PR]
by uranmo55 | 2012-01-01 09:33 | 高学年の記録 | Comments(1)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル