> 以前の記事
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
by 7 at 21:03
> メモ帳
<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
低学年チーム、ルーキーアトムズが一斉に出場です!
2008.8.24(SUN) 10AM~ 東大和
■ 練習試合
vs. 東大和ジュニア
 〔G=Goal、( )=Assist 、SOG=Shots on Goal]

1P 3-5 [SOG;10-13 ] G#16, G#8, G#16
2P 4-7 [SOG;15-14 ] G#16(#3), G#8, G#8,#3(#16)
3P 4-2 [SOG;11- 7 ] G#8, G#8, G#3,G#25(#6)

TOTAL; 11-14 [SOG; 36- 34 ] 

ダイドーカップ準優勝チームとしてシチズンに凱旋したアトムズ低学年チーム。大会終了後の初試合の相手は、いつもケイコをつけてもらっている東大和さん。おもえば現チームの戦歴は東大和さんとの練習試合3連戦(1分2敗)で幕を開けたのでした。実はダイドーカップ終了直後、「アトムズの準優勝は組み合わせがよかったからだ」との、他チームの声を耳にしましたし、ここは勝っておきたいところでした。

ところがなんと今回に限って。。。 病欠、お里帰り、”山ごもり”(なんじゃあそりゃあ!?)、そしてなんと「北京五輪遠征」(!!!アゼン。。。いやうらやましい)などで、まったく主力がそろいません。

そこで今回はルーキーたちのフル・デビュー戦となりました。第1セットはレギュラーで組めたものの、第2FWはすべて入団まもないルーキーたち(#14、#25、#18)、その交代で出場の第3セットは年長・年中組(#21、#22、#23)となりました。FW陣は未来の期待の星たちが実にアイスタイムの半分をしめたことになります。 

試合は#8(キャプテン、ダイドーカップと背番号が変わっています)、ならびに#16がハットトリック。#3も2スコアで主力はさすがの活躍。第1セット出場の間は10得点、失点は1点のみでした。強くなった、とサポーターの誰もが感じたと思います。

さて注目の第2(3)セットは? がんばりました。おもいきり走りまわり、終盤、#25はうれしい初スコア。この間、DFをつとめた2年生#13、#15も立派なお兄さんぶりでした。失点のほとんどはおのずとこのセットになりましたが、われらがゴーリイくんは何といってもダイドーカップのベストGK賞! 主にブレイクアウエイからと混戦でリバウンドを押し込まれたもので、無用な失点はなかったとおもいます。

というわけで、東大和さんへの「ご恩返し」(?)はまたもや先のこととなりましたが、ともかくこの試合が、すべてのフレッシュ・アストロボーイにとって貴重な体験となったことは間違いないこととおもいます。

ゴーリイくんと、そしてとくに#13、#15はご苦労様でした、大変だったとおもうけど、とてもよい試練になったね!

余談ですが。。。東大和リンク入口には東大和ジュニアの戦績報告、優勝や入賞のトロフィー、賞状が華々しく飾られていました。アトムズも今回の低学年準優勝の表賞状やトロフィーを、シチズンに多少なりとも目立つように飾れないものでしょうか?だめならメークさんにお願いとか? アイスホッケーはカナダ、米国はもちろん、国際的にメジャースポーツなのに、現在の日本では不当に地位が低いとおもいます。認識度向上のためにもアイスホッケーのプレゼンスを首都で高揚させていきたいともおもいますし、いかがなものでしょうか?

GO! ATOMS GO!
[PR]
by uranmo55 | 2008-08-24 17:31 | 低学年の記録 | Comments(0)
低学年、堂々の準優勝です
2008.8.9(SAT) AM9~ダイドードリンコアイスアリーナ  
■第2回 ダイドードリンコカップ アイスホッケー大会 低学年の部
 決勝  15分×3P〔G=Goal、( )=Assist〕
 vs 新横浜プリンス
1P 1-3  G:#20(#16)
2P 2-4  G:#10(#20)、#16(PS)
3P 1-5  G:#10(#16)

TOTAL; 4-12

優勝:新横浜プリンス、準優勝:高田馬場アトムズ、3位; ビッグホワイト
個人賞: ベストGK賞アトムズ#2 !
MVP,ベストFW賞,ベストDF賞は、各々新横浜プリンスから選出されました。

予想外の?勝負強さをみせコマをすすめてきた低学年アトムズ。決勝の相手は昨年の覇者、新横浜プリンス。3年生を実に10名も擁し、週2回以上氷上練習をコンスタントにこなしている強豪です。かつての日本リーグ国土計画そっくりのユニフォームに身を包み、アストロボーイズを迎え撃ちます。

苦戦となりました。開始直後、”PS男”が珍しくもPSチャンスを逃します。4分過ぎ、敵DF#18のミドルショットがGKのブラインドとなり先取点を許しました。ついで5分過ぎ、敵LW→#39へのセンタリングからワンタイマーであわせられ0-2。アトムズも11分56秒、#16の縦パスから#20が見事に、嬉しい公式戦初得点で1-2に迫ります。が、14分55秒、敵#88のミドルショットが再びブラインドになってしまい1-3で1P終了。
 
2P.アトムズは#12や#6が攻めあがるが敵DFの好守になかなかフリーにさせてもらえません。2分過ぎ、敵#88がフリーになってしまいスコア(1-4)。6分過ぎには左サイドの敵#88から敵#66へのセンタリングをあわせられ1-5.10分過ぎ敵#88が再びフリーになり1-6。一方アトムズも、13分30秒、キャプテン#10が#20からのパスをうけミドルショットスコアをきめ2-6。次いで13分50秒PSで#16が敵GKを左サイドから巻いてきめ3-6まで迫りました。しかし14分58秒、混戦から敵#10に押し込まれて3-7で2P終了。

3Pは全体に攻め込まれ苦しい展開。我らがゴーリイはしばしばファインセーブをみせましたが13分までに5失点で3-12。終了直前、右サイドからの#16のシュートのリバウンドを#10がはたいて一矢をむくいましたが、4-12で終了。

しかしよくぞここまで戦ったとおもいます、PTAの声も”まさかここまで””ひとつ勝てればと思ってた。。。”などなどさまざま。我らが守護神くんはなんとベストGK受賞です!

何と行っても準優勝です。おめでとう、胸を張りましょう!これも監督・コーチ陣の熱意あふれるご指導の賜物とおもいます。この場をお借りして感謝申し上げます。今大会を通して、アトムズのホッケーはチープな、やすっぽい(下司な)プレイをせず、本当にクリーンで、フェアプレイに徹した立派な戦いぶりでした。父兄一同、このことを何よりも、誇りにおもいます。心から讃えてあげたいです。

優勝こそ逃したけど、キミたちは、最高のホッケーチームだ!!!

準優勝のカップと、そして自信をホームに持ち帰り、秋の公式戦こそ、10万馬力で優勝じゃ!

GO! ATOMS GO!
c0117689_11343339.jpg
c0117689_11384124.jpg

[PR]
by uranmo55 | 2008-08-09 22:29 | 低学年の記録 | Comments(0)
低学年アトムズ、堂々の決勝進出です!
2008.8.2(SAT) AM9~ダイドーアイスアリーナ  12分×3P〔G=Goal、( )=Assist〕

■第2回 ダイドードリンコカップアイスホッケー大会 準決勝
 vs 江戸川アーマーズ
1P 4-3  G:#6、#6、#6、#3
2P 3-1  G:$10、#10、#11
3P 2-2  G:#6、#11

TOTAL; 9-6

前回、”元祖下町チーム末裔”ペンギンズさんを相手に、コーチ陣の采配の妙もあっていわゆるサドンヴィクトリイで、本当に辛くも、薄氷の勝利を得ることができた低学年アトムズ。

今回は21世紀の下町を背負うアーマーズさんとの準決勝。ペンギンズ戦のラッキーボーイ(#16)を欠きましたが、なんと言ってもキャプテン#10がめでたく負傷から帰ってきました!それで前回のCマーク#10が11に、前回の#11(PS男)が#3にもどったようです。”ようです”などというのはブログ担当が親子で欠席だったため不明確な記載でスミマセン。でも、上記スコアG記録の#はそのようにご理解ください。

さて、楽勝ではないが、快勝だったようです。ポイントゲッター#12が珍しく沈黙だったようですが(ママがいなかったからかな~)、#6がなんと1Pでナチュラルハットトリック(遺伝子でしょうか)。1PはDFをつとめたC#10が2P以降FWにあがって2得点、ペンギンズ戦でCマークの重責を立派に担っていた(立派だったよ!)#11もこの試合でめでたく2得点、「PS男」もフツウのスコアをきめたようです。我らがゴーリイくんも守護神の活躍だった由(父兄情報)。さらに2年生たちも(カナダに帰るのをあきらめたひとをふくめ?)かなり活躍したようです。ありがとう!

残るは決勝です!福田代表をはじめ、コーチ陣の日頃の熱意あふれる御指導と、選手たちが一丸となってのパートナーシップ(このチームは本当に仲がよくて、みていて親もうれしくなります)、そして全員ホッケーが結実しての決勝進出ですね。

相手はビッグホワイトさんを破った新横浜プリンスさん。ビッグホワイトの選手のパパによると二人スゴイ「超低学年級」がいていつもそのふたりが大量得点してゆくとか。そうするとDFでとくに3年生の責任が重大な気もしますが。。。PTAのヤキモキすることではなくて、この低学年チームを知り尽くした、コーチ陣におまかせ、ですね。

同じ低学年同志です。そして「勝負は風呂にはいるまでわからない」(長嶋茂雄さんのことば)。それにプラスの情報として実は。。。

なんと!低学年アトムズは決勝で今大会初めて3年が勢ぞろいしてベストメンバーがそろうのです。

8月9日はキミたちのスタンリー・カップだ!!!名門アトムズの名において、誇りにおいて!

10万馬力全開で、みんなですべての力をあわせて、なんとしても優勝を勝ち取るのじゃ!

GO! ATOMS GO!

ご父兄も必勝祈願参拝そのほか、ヨロシクおねがいいたします。
[PR]
by uranmo55 | 2008-08-03 18:09 | 低学年の記録 | Comments(1)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル