> 以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
「負担」にならないように..
by 駒木根 at 11:14
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
> メモ帳
カテゴリ:中学の記録( 202 )
【中】第41回東京都秋季少年アイスホッケー大会 最終戦vs.西武戦
2017年12月25日(月)~30日(土)までダイドードリンコアイスアリーナで開催されました「第41回東京都秋季少年アイスホッケー大会(中学生の部)」も12/30(土)17:45FOの西武WBさんとの一戦が最終戦となりました。
今大会は近年まれに見る実力伯仲の大会で、最終戦を前に上位3チームに優勝の可能性がある状況となりました。アトムズ中学生チームは、是非とも自力で勝利して優勝したいところです。仮に45分で負けてしまうと勝ち点が西武さんとアーマーズさんと同点になるといった痺れる展開が待ち構えています。

ここまで連日5戦をこなし疲労もピークを迎えており、両チームとも集中力が勝敗のカギになることが予想される状況でFOを迎えました。

【第1ピリオド】
これまでの試合でも1ピリから先制点をあげると比較的優位に試合を進められることから是が非でも先制点が欲しいところです。アトムズもこれまでの連戦での調子を見つつFW2セットで試合を進めていきます。西武さんも同様に2セットで試合を進めていく中で、6:06NDでパックを奪った#19がそのまま1対1で冷静にGKをかわし待望の先制ゴールを決めます。このゴールで勢いに乗ったアトムズは7:39にDF #8のアシストでCapt.#13がきっちりと追加点を決めてくれ畳みかけます。
 さらに、直後に相手のペナルティもありPPのチャンスを迎えます。ここでさらに追加点を挙げることが出来れば非常に楽に試合を進められる展開となるため誰しもが前のめりになる展開です。
 しかし、ここからが西武さんの底力を目の当たりにしました。一人少ない状況ながらディフェンスを献身的に行うため、なかなかアトムズはPPでのセットが出来ません。そして、アトムズのパスまわしが乱れたところをすかさず奪われ、9:14 PPでありながら失点をしてしまい2-1の嫌なムードが漂います。
 ところが、ここからが今までのアトムズと一味違うところで、すぐさま気持ちを切り替え10:30に#19→#91への息の合ったコンビが本領発揮してくれ3-1とまた2点のアドバンテージを作り1ピリが終了します。

【第2ピリオド】
 次の1点が勝敗を大きく左右すると誰もが思っていたため、その1点をどちらが取るかが注目の2ピリが始まりました。相手チームもピリオド間に戦術を変え、セットをずらすなど徐々に試合にスパイスが加わり始めてきました。序盤は一進一退の攻防が続きましたが、19:07にこの均衡を破ったのが1年生ながらクレバーなプレイを続ける#88からのパスを#8がミドルシュートを放ち、相手GKがはじいたところにゴール前で詰めていた#13が押し込み4点目をゲットしてくれます。アトムズにとって非常に大きな1点が入りました。
 しかし、勝負とはそう簡単に行かないものでここから試合の流れというものを肌で感じる攻防が続きます。
 アトムズは得点した直後、少し気持ちが楽になったのかパス回しなどが雑になってきます。その隙を付かれ、フリーになる場面が出始め、19:51に相手のシュートを止め行ったところでペナルティを受けてしまいキルプレーのピンチを迎えます。そして、20:11ここできっちり西武さんはこのPPをものにして得点をあげ4-2とまたその差を2点差に詰めます。
 さらに明らかにこのゴールで流れが西武さんに傾いたところで畳みかけられてしまい、24:29にゴール前でパックを振られ追加点を入れられてしまい、その差はわずか1点。少しずつ背筋が寒くなってきました。
 しかし、アトムズの攻撃に対して西武さんも精いっぱいの守備で応戦する中でペナルティをもらい、本日2度目のPPのチャンスを得ます。今度こそはリードを広げるため大事にセットしたいところですが、そこは強豪の選手層の厚さに勢いを止めることが出来ず26:10に相手の1年生に同点ゴールを献上してしまい、ついにアドバンテージを失い第2ピリオドが終了します。

【第3ピリオド】
泣いても笑っても残すところこのピリオドで勝敗が決します。いつもなら流れを変えきれずこのまま逆転される場面をいつも見てきた保護者たちからの掛け声もいつも以上に気合が入ります。実力が拮抗しておりどちらにもチャンスがある展開でしたが、守護神GK#32のスーパーセーブ、一方で堅実なキャッチングで徐々にアトムズにも1ピリの時のリズムが戻りはじめてきます。相手がパックを持つとフォアチェックにすぐさま#44が行き、NDでパックを奪う場面が出始めてきました。さらに、DFも#11と#31が相手のパックキープ時にも冷静に対処しピンチの芽を摘んでくれます。そうした中、チーム全員がそれぞれの役割は果たし始めた34:42にNDでパックを奪った#87がブルーラインを越えたあたりからミドルシュートを放ちゴールを決めます。選手全員で勝ち取ったゴールで、勢いを取り戻します。
 しかし、残り11分。1点のリードは決してセーフティリードではありません。相手も得点を取るためにさらにスピードを上げて攻撃を仕掛けてきます。ゴール前でのルーズパックも冷静にGKとDF陣がさばいてくれます。残り1分、いつ相手チームが6人攻撃を仕掛けてくるかが気になり始める時間帯となったところで、不運にもペナルティのコール。残り46秒。タイムアウトを挟み、ここで相手チームはGKを上げての6人攻撃。ペナルティでキルプレーとなっているアトムズにとっては2人少ない絶体絶命のピンチ。しかし逆に相手GKがいないENのチャンスでもあり、その1プレイを狙っています。
FOのたびに緊張が走る攻防が続きましたが何とか最後まで相手の猛攻を凌ぎきり試合終了のブザーが鳴りました。

優勝の瞬間、選手たちはGKの元に集まり歓喜の渦を作っています。
選手たちは春季大会で経験した悔しさをバネに釧路での合宿や日光での直前遠征などを精力的にこなしてきました。そして何よりチームが一丸となり勝ち得た優勝がきっと後々、いろんな場面で選手たちに力を与えてくれるものと思います。

 このような素晴らしいチームに仕上げてくださった監督、コーチに感謝するととも、3年生が最上級生らしくリードしてくれたこのチームを後輩たちは誇りに思い、来年に活かしてほしいと思います。その前に、年始にはさらなる高みを目指して、監督、コーチへ最高のプレゼントが出来るように関東大会ではより一層チームワークを発揮してほしいと思います。

 最後になりましたが、今大会も6日間通して送迎等にご協力いただきました保護者の皆さま、そして大会期間中、応援に駆けつけてくださったアトムズの高学年、低学年の方々、ご友人の方々、また大会運営をしていただきました東京都アイスホッケー連盟をはじめ、参加チームの皆さまにこの場お借りして改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

【セット】
(GK)
#32
(FW)
①#13 #19 #88
②#91 #44 #87
PP #13 #19 #91
(DF)
#11 #8 #31

【スタッツ】
(アトムズ)  (西武WB)
ゴール:5-4
SOG:33-32

(ゴール)
06:06 アトムズ G#19
07:39 アトムズ G#13 A#8
09:14 西武 G#55 A#28(-1)
10:30 アトムズ G#91 A#19 A#8
19:07 アトムズ G#13 A#8 A#88
20:11 西武 G#55 A#11 A#14(+1)
24:29 西武 G#28 A#11
26:10 西武 G#13(-1)
34:42 アトムズ G#87

(ペナルティ)
03:51 アトムズ #13 TRIP
08:16 西武 #91 TRIP
19:51 アトムズ #11 TRIP
24:47 西武 #81 HOLD
37:55 西武 TOO-M
41:20 西武 #91 INTRF
44:14 アトムズ #31 HO-ST

[PR]
by uranmo55 | 2017-12-31 13:12 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(決勝)vs. やまびこバスターズ
さあ、いよいよアトムズ史上初めての「江戸川カップ」制覇に向けて残すところ決勝戦のみとなりました。しかし、相手はこれまで何度となく高い壁として立ちはだかった強豪「やまびこバスターズ」さんです。アトムズにとってはまたとないチャンスを中学生はものにすることが出来るか、試合前から興奮した雰囲気がリンクを包みます。

■スコア
 (アトムズ)   (バスターズ)
1p  3          1     
2p  1          2
3p  2          1 
TTL 6          4

(Goal)
1:56 アトムズ G#8 A#19
2:08 アトムズ G#44 A#91
3:50 バスターズ G#11 A#9
12:54 アトムズ G#13 A#31
19:34 バスターズ G#11 A#9(+1)
23:44 バスターズ G#78
25:28 アトムズ G#13 A#19
37:01 アトムズ G#8 A#19
39:35 バスターズ G#9 A25
40:07 アトムズ G#13 A#19

(Pena)
8:46 アトムズ #31 TRIP
18:47 アトムズ #11 HOOK
30:43 アトムズ #31 INTRF
43:58 アトムズ #31 CROSS
(SOG)
(アトムズ) (バスターズ)
1p 10    9
2p  8    15
3p  7    17
TTL 25    41

■観戦記
(1p)
いよいよ泣いても笑っても最後の一番。序盤から足を動かし短い間隔でチェンジしていきます。そして、開始1分過ぎ#8が先制点をあげます。その後も1セット目、2セット目がそれぞれの役割を果たしながらゲームを進め、2分過ぎ、2セット目で#91がシュートしたところに#44が詰めて序盤に2点のリードを奪います。しかし、2点を奪取し少し気持ち的にも楽になったところで、すかさずバスターズの反撃の受け失点し、リードは1点差となります。しばらく膠着状態が続きますが、バスターズの出足もさすがのもので8分過ぎペナルティーによりキルプレーを迎えます。しかしここはしっかりと守り切りイーブンに戻りました。そして、残り3分を切ったとき、DF#31からキャプテン#13が見事にゴールを決め3-1で1pが終了しました。
(2p)
バスターズも作戦を変えながら攻め込んできます。開始3分過ぎ、アトムズはたまらずペナルティーをしてしまいます。本日2度目のキルプレー、ここで決められると1点差となり背筋が寒くなってくるところでなんとかしのぎ切ってもらいたいところでしたが、バスターズのパワープレーに屈し1点を献上してしまいます。一方、バスターズは押せ押せのムードとなり一気に畳みかけてきます。直後、バスターズに連続失点を許してしまい、いよいよ同点となってしまいます。これ以上、点数を与えることが出来ない状況となったアトムズは気持ちを切り替えて自分たちのホッケーに徹します。バスターズも同点に追いついた事で一瞬足が止まったそのすきをアトムズキャプテン#13が振り向きざまにゴールを決め、再びリードして2pが終了しました。
(3p)
勝敗を大きく左右する次の1点をどちらのチームが取るか緊迫した中で最後の3pが始まりました。残り15分、バスターズも残された時間は同じです。しかも、バスターズはビハインドの状況のため序盤から猛攻に打って出てきます。アトムズもリードしている状況でなんとか守りきりたいという気持ちでディフェンスをしますが、開始1分アトムズはペナルティを受けてしまいます。3pの序盤、ここで1点取られるとまたもや同点のピンチを迎えるためなんかと守り抜かなければなりません。しかし、今日のアトムズはここから非常に冷静でした。しっかりとパックを保持しながら上手くキルプレーを耐えます。さらにピンチが続き、ディフェンスのレシーブミスからノーマークの状況を作られてしまいますが、ここで守護神#32のファインセーブがさく裂しゴールを与えません。徐々に流れがアトムズに傾きつつある7分過ぎに膠着状態を破る値千金のゴールを2年生#8が決めてくれます。応援している親も少しは余裕が出てきた矢先、さすがのバスターズはまたもや反撃のゴールを決め、再び1点差となります。しかし優勝に向けて闘志をむき出しにして戦う今日のアトムズ戦士はこれまでと一味も二味も違いました。いつもなら流れに負けてしまうこの状況でも、今日はここですぐさま反撃に転じ、残り5分を切ったところで再び頼もしいキャプテン#13がゴールを決めてくれます。さあ、あと5分、しかし、ここからが時計の進みが非常に遅く感じられバスターズも反撃の手をゆるめません。両チームともタイムアウトを取りながら、残り1分半を切ったところでバスターズはGKを上げて6人攻撃を仕掛けてきます。アトムズも必死に猛攻を凌ぎ切ろうとしますが、残り1分、無情にもまたもやアトムズがペナルティをしてしまいます。どれだけ保護者をハラハラさせれば気が済むのでしょうか(笑)。完全に数的有利となったバスターズは最後の力を振り絞り猛攻を仕掛けて来ます。しかし、アトムズも最後は2人少ない状況の中冷静にしのぎ切って長かった残り1分が終わり試合終了のブザーが鳴ります。悲願達成の瞬間です。選手は全員GKのもとに集まり歓喜の円陣を組んでお互いを称えあいます。ようやく勝ち取った江戸川カップ。表彰式での選手の顔が一回りも二回りも成長しているように見えたのは私だけではなかったでしょう。おめでとうアトムズ中学生。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 23:09 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(準決勝)vs. 江戸川アーマーズ
大会二日目、本日は準決勝が行われます。対戦相手は都大会でも毎回好勝負を演じている「江戸川アーマーズ」さんとの一戦です。

■スコア
 (アトムズ)   (アーマーズ)
1p  1          0
2p  0          0
3p  3          0 
TTL 4          0

(Goal)
0:25  G#13 A#8
34:41  G#8 A#13
36:24  G#19 A#8
38:37  G#91

(Pena)
7:49  #31 HOLD
8:22 #11 SLASH
29:33 Arm #12 ROUGH
(SOG)
(アトムズ) (アーマーズ)
1p 7     9
2p 13     7
3p 8     10
TTL 28    26

■観戦記
(1p)
決勝進出に向けた大一番の一戦、都大会で対戦しているものの油断はできません。
開始早々、#8のアシストで#13が幸先よくゴールを決めます。しかしながら、その後追加点がなかなか奪えません。相手も手の内を知っているだけに一進一退の攻防が続きます。SOGもほぼ互角で1pが終了します。
(2p)
早く追加点を挙げたいところですが、アーマーズも次の1点の重みを十分知っておりなかなか優位に試合を運ぶことができません。1pに比べてシュートを放つも相手GKに阻まれます。しかし、徐々にフォアチェックにも行けるようになり、ニュートラルゾーンで相手の攻撃の芽を摘んでいきます。GK#32もリバウンドを出さないように細心の注意を払ってパックを扱います。どちらも最終的にゴールネットを揺らすことが出来ず2pが終了します。
(3p)
いよいよ、勝負をきめる最終ピリオドです。開始4分が経過したころ、相手チームにも疲れが見え始めてきます。そのすきを#13のアシストで#8が待望の追加点を挙げます。ここから一気に畳みかけ、6分過ぎにパックを奪ってそのまま#19が試合を非常に楽にする3点目を決めます。さらに、8分過ぎに第2セットの#91がノーアシストで試合を決定づける4点目を決めます。アーマーズも最後の力を振り絞って反撃をしてきますが、なんとか凌ぎきり試合終了となりました。

さあ、アトムズ史上初めての江戸川カップ制覇まであと1勝。相手はこれまで何度も跳ね返されてきた強豪「やまびこバスターズ」です。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 22:11 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(2回戦)vs. 明治神宮
1回戦を少人数で勝ち進んだAtomsは、その日の夕方に2回戦を迎えます。学校行事を終えて駆け付けた選手により少しは余裕が出てきました。

■スコア
 (Atoms)   (Jingu)
1p  7       0
2p  2       0
3p  2        1   
TTL 11       1

(Goal)
1:15  G#87 A#91
6:23  G#19 A#13
7:03  G#19 A#13
7:28  G#87 A#44 #91
13:15 G#19 A#8 #13
13:43 G#91
14:52 G#13 A#19
25:01 G#13 A#8
25:36 G#31 A#19 #13
33:52 G#13
37:54 Jingu G#17 A#26
41:17 G#31
(Pena)
7:59 Atoms #31 HOOK
17:00 Atoms #13 ELBOW
(SOG)
(Atoms) (Jingu)
1p 15 2
2p 13 5
3p 10 5
TTL 38 12

■観戦記
メンバーが増えたことで余裕をもって終始戦いを進めることが出来ました。しかしながら、終盤に疲れからか失点してしまう場面もあるなど、勝利したものの反省すべき点もありました。
明日は、今大会の天王山ともいうべき「江戸川アーマーズ」さんとの一戦です。

本日の反省を活かして、一気に優勝まで駆け上がってもらいたいと思います。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-26 21:49 | 中学の記録 | Comments(0)
【中学生】江戸川カップ(1回戦)vs. TEAM CHIBA
今年の江戸川カップは5/20(土)~21日(日)の二日間で開催されました。毎年この時期は学校行事と重なり在京チームは初戦のメンバー構成に非常に苦労します。今年のアトムズも例に漏れずGK+プレイヤー6名のチェンジ無しで初戦を迎えることになりました。

■スコア
(Atoms)   (Chiba)
1p 1 0
2p 1 0
3p 0 1
TTL 2 1

(Goal)
4:45 Atoms G#87 A#31 #13
29:21 Atoms G#31 A#13
43:41 Chiba G#14 A# 9 #11
(Pena)
14:25 Chiba #9 INTRF
34:58 Atoms #11 HOOK
(SOG)
(Atoms) (Chiba)
1p 18 3
2p 21 1
3p 7 11
TTL 46 15

■観戦記
(1p)
少数精鋭での1回戦。チェンジが出来るのが1人のみということで選手は意を決して挑みます。
まず、1pの立ち上がりに先制をします。いつもとは違うセットでありながら良い時間帯に先制が出来たことは後々大きく影響してきます。その後も立て続けにチャンスが訪れるものの相手GKの好セーブに阻まれゴールを決めることが出来ません。徐々に体力を奪われながら1pが終了しました。
(2p)
なんとか体力をセーブしつつ2pに挑みますが、徐々に足が止まり始めてきます。それでも、チェンジする度に酸素吸入しながらチャンスを伺い、2p終了間際に喉から手が出るほど欲しかった追加点をあげ終了します。
(3p)
残り15分をこの7名で耐えきればひとまず夕方までは乗り切れる一心で力を振り絞り戦います。しかし、疲れからはペナルティーでキルプレーとなってしまいます。なんとかこのピンチを脱しますが、残り2分を切ったところで相手チームの反撃に耐えきれず1点を献上してしまいます。最後は気力だけで乗り切りなんとか初戦を突破しました。

[PR]
by uranmo55 | 2017-05-23 08:31 | 中学の記録 | Comments(0)
秋季都大会@ダイドー vs インディアンズ
12月30日 14時15分~



2点差以上を付けて勝てば関東大会出場の望みが残ります。対象となっているアーマーズには、プレッシャーをかけないといげせん。
1ピリ 1-1
2ピリ 2-0
3ピリ 0-1
合計 3-2
惜しくも1点差での勝利でした。最後は同点に追い付かれる覚悟で6人攻撃をかけても面白かったですが、6人にしたところで必ず点を取れるかも分からず、恐らくベンチワークと決断は非常に大変だった、難しかったと思われます。
勝ち点6 5位


選手は大会を振り返ってみて下さい。結果はどうだった?だけでなく、 そもそも何故そうなったか? どうすれば良かったか? 合宿や練習でやって来たことがどの程度出来たか? 監督、コーチの話やアドバイス、チームとしての作戦を理解、実戦出来たか? 楽しくホッケー出来たか?

3年生は今年は残念ながら今年は関東大会に出られませんが、まだ高校大学と、先が有ります。苦い経験となりましたが今後に繋げましょう!1.2年生は来年リベンジ出来る様に日々少しずつ努力しましょう。

監督、コーチの皆様 年末の繁忙期にも関わらず、連日のご指導有り難うございました。応援にいらしていただいたご家族や小学生の皆様も大変有り難うございました。
[PR]
by uranmo55 | 2016-01-16 09:29 | 中学の記録 | Comments(0)
秋季都大会@ダイドー vs 西武WB
12月29日
17時45分~

1ピリ
0-1
2ピリ
0-2
3ピリ
0-1
合計
0-4

負けはしましたが、前日よりもかなり動きは良かったです。
相手に合わせずに自分達のホッケーをしっかりすれば良い試合が出来るということが分かりました。GK、連日ナイスキーでした!
[PR]
by uranmo55 | 2016-01-16 09:22 | 中学の記録 | Comments(0)
秋季都大会@ダイドー vs 明大中野
大会も後半になりました。28日の相手は明大中野でした。

1ピリ
1-0
2ピリ
4-1
3ピリ
4-1
合計9-2 シュート数(59-10)

全員出場3セット回し。
♯17の嬉しいゴール、アシスト有り。試合に出られなくても頑張っていた甲斐が有りました、おめでとう!
その他得点も、それぞれ皆で挙げた得点、6人の選手がゴールを決めました。

夜の試合では、アーマーズがインディアンズに敗れたため、
関東大会出場の望みがまだ少しだけ残ってます。あと2試合、悔いのないように頑張りましょう!! 元気良くね(^.^)
[PR]
by uranmo55 | 2015-12-29 16:26 | 中学の記録 | Comments(0)
秋季都大会@ダイドー vs 東大和
第3戦 東大和との試合でした。

1ピリ 0-3
2ピリ 0-4
3ピリ 1-0
計 1-7

厳しい試合が続いてます。半分終わりました。
あと、3試合残ってます、1試合ずつ悔いのないように頑張りましょう!
[PR]
by uranmo55 | 2015-12-28 11:54 | 中学の記録 | Comments(0)
秋季都大会@ダイドー vs神宮
昨日は神宮との試合でした。
セットは、アーマーズ戦とほぼ変わらず。

1ピリ 0-2
2ピリ 2-1
3ピリ 0-0
計 2-3

得点
1 G♯95 A♯13
2 G♯13 A♯39
2点目は、相手DFにあたって入ったため厳密には♯13ノーアシストですがおまけの♯39アシスト(nicepass)でした。
2ピリ終了間際、追い付いた直後に失点が痛かったです。あとが無くなりましたが落ち込まずに今日の東大和戦も頑張りましょう!
[PR]
by uranmo55 | 2015-12-27 14:00 | 中学の記録 | Comments(0)
   

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧