> 以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
「負担」にならないように..
by 駒木根 at 11:14
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
> メモ帳
> 2018.10.28第16回江戸川区長杯ジュニアアイスホッケー大会3位決定戦
        アトムズ           ヨコハマスターズ
        (6)  0     1P   2   (5)
        (10) 2     2P   1   (8)
        (7)  1     3P   0   (7)
            1     GWS   0     
        (23) 4     TTL   3   (20)
               


春の都大会、優勝はしましたが、その内容からして、秋には
強豪チームには勝てなくなるだろうと思われましたが、やは
りそのときが来て準決勝で敗退。3位決定戦となりました。相
手はヨコハマスターズ。練習試合をした息子の感想は、「北
海道の幕別浦幌みたいに、チームプレーをしっかりしようと
してくるチーム」だそうです。たとえるチームは他にもありそう
なのに渋いな、と思いましたが、まあ、そのとおり。アトムズ
は個人技頼りのチームとなっていますが、スターズはチーム
プレーをしっかりしてくるチーム。練習試合では個人技だけ
でどんどんできても、公式戦は精神的なプレッシャーでいつ
ものプレーは難しくなりますし相手のプレッシャーも早くなり
ます。さてどうなるか。

1ピリ
フォーワードは1セット目11・20・19、2セット目77・8・37で組ま
せます。
開始早々、まだ体力は十分あるはずなのにウイングがバッ
クチェックをしません。その後もウイングが45度の入りが遅い
せいか、45度の処理でプレッシャーを受けずにがら空きで待
っているセンターに出さずにフェンス沿いにただ出してしまい、
そのままアイシング。アイシング後のフェイスオフでは、今度
はセンターに出そうとしたのか、センターとは全然違う敵にパ
ス。困ったプレーが続きます。センターがパックをようやく持
った際に相手からペナルティーをもらって、1セット目のファー
ストシフトがようやく終わります。
2セット目、パワープレーで始まりますが、これを生かせませ
ん。ディフェンスがゴール裏のパックを処理する際、転んでし
まい、中途半端にパックがゴール裏から逆サイドに流れます。
これにセンター、ウイング、ディフェンス3名が寄っていきます
が、スターズの選手の方が早く、するっと3人のアトムズ選手
をかわします。しかしなぜか追いすがるアトムズ選手は1名
のみ。2人はボーとみているように見えます。パワープレーで
もコーナーに3人行ってしまっては当然スロットががら空きで、
そこにいるスターズ選手にきれいにパスが渡り、シュートを決
められてしまいます。0-1。
1セット目、相変わらずパックがつながらないバラバラなプレー
が続きますが、セットの変わり目、20から2セット目ウィング37
にロングパスがつながり、ノーマークか、となりますが、パック
の処理にもたついたか余計なドリブルをしてしまったか、ある
いはディフェンスの戻りが早かったせいか、うまくシュートでき
ません。しかしリバウンドを絶好の位置で11が取りますが、弱
いシュートをキーパー正面にうつだけで終わってしまいます。
セット編成が変わります。センターの20と8が入れ替わります。
アトムズは個人技では勝っているように見えますが、小手先
の個人技で強引に行こうとする小手先病とでも言いたくなる
症状にかかっているプレーヤーが何人かいて、これは本当に
困ったものだと思います。
ゴール裏のパックをディフェンスがかっこよくはたいで出そう
としますが全くパックにスティックが当たらず、きれいにスロッ
トに出されます。その後、なぜか二人のディフェンスがスター
ズ選手に安易にかわされた後にパックに背を向けてしまいま
す。フォローに入ったセンターの守りも悪く、ここできれいにキ
ーパー肩口に決められてしまいます。0-2。
だらだらとしたプレーは続き、ディフェンディングゾーン中央で
ディフェンスがちょこっと前にパックを出し、案の定スターズ選
手にパックを取られ、あわや、となりますが、ここで1ピリ終了。

2ピリ
相変わらずピリッとしないプレーが続きます。アトムズの20、
せっかく届いたパスから強引に行きすぎ、カットされ、いらつ
いてスラッシングの余計な反則。キルプレーとなります。
キルプレーなのにまたなぜかアタッキングゾーンで二人の選
手がフォアチェックに行きます。フォアチェックに積極的なの
は良いのですが、嫌な流れ。その後やはりディフェンディング
ゾーンで3対2を作られます。フォアチェックに行っていた2名
も戻りはしますが、パックキャリアにプレッシャーをかけると
ころまでには至らず、スロット真ん中から決められてしまいま
す。0-3。
直後、ブレークアウト45度へのパックは出せず、やむを得ず
ディフェンス44からセンター20に直接縦パスが通ります。こ
れをシュートまでもっていったリバウンドに37が走り込んで
シュート、ようやく1点返します。1-3。
その後のキルプレーは相変わらず2人でフォアチェックに行
って危なっかしいながらもGKに助けられて守り切り、逆にパ
ワープレーとなります。
せっかくのパワープレーなのにスペースにいるフォワードを
使おうとせずにただゴールに向かってシュート、というディフ
ェンスのプレーでピンチになりますが、キャプテン44が体を
使ってパックをキープ、直接センター20にロングパス。これ
をそのまま20が持ち込んでゴール。2-3。

3ピリ
問題ありすぎで細かく書くのが疲れました。まともなブレーク
アウトができないのは相変わらずのようです。なかなかきれ
いにセンターがパックを運ぶ形は作れず、ごちゃごちゃとし
た膠着した試合展開となります。
終了が迫ってきた中、ニュートラルゾーンから20が持ち込み、
こぼれたパックをうまくサポート位置に入っていた37が拾っ
てそのままシュート、土壇場で追いつきました。3-3。
そのまま終了。

GWS
まずは3人ずつでアトムズから。
アトムズ20〇、44×、37〇
スターズ×、〇、〇
で、勝負つかず、サドンヴィクトリー方式の1人ずつのタイブ
レーク・ショット・アウトの勝負となりました。順番は入れ替
わってスターズから。
アトムズGK31がナイスセーブして、20のプレッシャーを軽
くします。
最後はアトムズ20が決め、アトムズがGWS勝ちとなりました。

高学年もこの時期になると、やはり個人技だけではなかな
か勝てないレベルになってきたようです。ブレークアウトを
しっかりとすることはもちろんですが、まずは守りの基本を
意識することが何より大事でしょう。強豪チームとの違い
をそこに大きく感じます。また、そもそも一生懸命やってい
るかどうか、ここが大きいところで、一生懸命さは端的に
守りに出ると思います。ろくに守りにいかない選手がいる中
で、アトムズは大所帯ながらなかなかチーム内での競争
環境ができておらず、出られない選手の中には不満もあ
るでしょうし、モチベーションが上がらないように見える子
たちがいることが気になります。昨年もそうでしたが、そう
いったところがチームの雰囲気として出てきてしまってい
るように感じられるのは残念なところです。春からずっと変
わらず、この大会後の練習試合でも特に変わらないような
ので、なかなか立て直しは難しそうですが、楽しく、かつ必
要な緊張感を持ってやってもらいたいと思います。
対戦チーム、大会関係者の皆様、ありがとうございました。


[PR]
by uranmo55 | 2018-11-08 18:24 | 高学年の記録 | Comments(0)

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧