人気ブログランキング |
> 以前の記事
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
「負担」にならないように..
by 駒木根 at 11:14
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
相変わらずしょーもないチ..
by SAKATA at 09:58
本当におめでとうございま..
by 鉄腕8号 at 07:32
がんばってホッケー続けて..
by YUSO911 at 18:47
神宮に負けるなんて・・・..
by 山崎晴翔 at 09:16
神宮戦の写真です! h..
by 鉄腕887号 at 14:05
写真です!よろしければ!..
by 鉄腕887号 at 14:03
試合の写真です! ht..
by 鉄腕8号 at 01:31
> メモ帳
> 中学生 第38回東京都秋季少年アイスホッケー大会 vs Indians東京West Ice Hockey Club
12月26日(金) 18:00-19:30 ダイドードリンコアイスアリーナ

GKは日替わり状態のAtoms。本試合は#66が監督のご指名です。防具に身を包むのはこれが2回目。第3ピリオドではパックをキャッチするの急成長ぶりを見せたGKでした。一方でIndiansのGK、この試合では絶好調。Atoms、Indians GK前にかなり長い間陣取り、攻め立て続けたのですが… #37→#8で2点第2ピリオドで入れ、第三ピリオドで3点目を#7が入れたのみにとどまりました。

得点 1P 0-5 2P 2-1 3P 1-3 Total Atoms 3- 9 Indians
シュート数 1P 12-6 2P - 3P - Total Atoms 35?-19? Indians (ゲームシートの記載が混乱しているため)

第1セット FW #37 #7 #8 DF #5#95
第2セット FW #88 #9 #6 DF #8 #89
GK#12

第1ピリオド開始。#95がboardingをとられる迫力のプレー。02:35でペナルティはとられたけどなんのその、これで直前の気勢をそぐ失点(02:10)で負に持っていかれそうなムードは霧散しました。Atomsのキルプレー、落ち着いたもんです。攻めに持っていきます。ピリオド開始の10分弱はGKと選手たちが戦い方を模索していたにちがいありません。この10分が過ぎたら、GKも要領をつかみはじめ、セーブが出始めます。#8は相手のゴールに突っ込んでいく、これ以上ない明瞭な得点したい魂のわかりやすい直截的表現でムードを盛り上げてます。AtomsパワープレーはIndians#30との闘い。ちょっとしたAtoms連射状態になっているのに入らない、見事に守り続けるIndiansのキーパー。Atoms無得点のピリオドとなりました。

第2ピリオド、#5ペナルティとられてもAtoms GKに向かって打たせない。Atoms1セット目ペナルティキルで耐える、あわよくば攻めていく。この「あわよくば攻めていく」が調子よくてIndians GKが焦り、チームメートに向かってなにやらわめいております。が、AtomsわめくGKを揺さぶりまくってはおりますが、なかなかこの壁が破れない。Atoms観客席は「チャンスだ」「いけるぞ」とこの対決に熱くなっています。FW陣は、ガツガツ攻めに行き、そしてDFを厚くするために猛スピードで戻ってきます。Atoms GKも、ジャンプしてパックの上に四つん這いに飛び乗って守っております。2セット目も敵陣内で頑張っています。そして早いパック回しが展開していて何回もシュートが放たれている中、#37と#8のコンビがついに壁を崩しました。#37がゴール前に出したパックを#8がゴールに背を向けた状態でもらい―背に目がくっついているのかこの人(?)-振り向きざまに相手を欺いてゴールとパッドの合間に入れました(G#8A#37)。これは嬉しい1点目、まず#37が両腕をあげて喜び、つづいて#8がそして#7がすすっと寄ってこぶしでチョン。2点目もこの二人のコンビのスピードがIndiansのGKに勝って得点(G#8A#37)。そして失点は1に抑えました。

第3ピリオド序盤、#7がニュートラルでパックを頂戴し、リンク左を敵陣に向かって走りあがって左から低めにゴール右隅方面にシュート。キーパーの手にあたったか、パッドにあたったかしてパックはゴールの中におさまりAtomsの3点目。そのあとAtomsキーパーはパックをキャッチしてセーブし、観客席を沸かせます。失点してもドンマイ、自分たちが攻めあがってIndians GKとの対決を制覇するのみというモードになっています。パックを持つもの持たないもの一生懸命相手を揺さぶるために動いて…時間切れ。9-3で負けました。

Atoms GK#33は、明日から出場します。お医者様からもう大丈夫というOKが出たそうです。どんな試合になるのでしょう。楽しみですね。
by uranmo55 | 2014-12-29 08:53 | 中学の記録 | Comments(0)

高田馬場アトムズアイスホッケークラブ試合の記録です。
by uranmo55
> 最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://www.v..
from http://www.val..
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧